iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年度下半期 ニコマス20選(集計不参加)
 当ブログによる、2010年度下半期の私的な20選です。集計には参加しません。
 そこで本来の20選の主旨からは少し外れますが、色々な賞を勝手に用意して、それぞれの動画に贈ってみました。

 なお、私は普段はですます調でエントリを書いてますが、ここでは文章を短めにまとめるため、である調で書いてます。別に評論家を気取っているわけではありません。

【PV部門】
<大賞>
 ベホイミP
 

 風。
 流れ。
 水。
 あるいは、美。 

<最優秀虚構賞>
 総理P
 

 虚構の世界で叫んだ真実は、虚構でしかない。
 虚構の世界で叫んだ虚構のみが、真実たりうるのだ。

<最優秀中毒性賞>
 爽快P
 

 テ テテーテー
 テ テテーテー
 テ テテーテー
 テーテレテーテー

<最小演出・最大効果賞>
 ままかりP
 

 律子は泣かない。
 泣きたい時、彼女はいつも笑う。
 だから泣かされるのは、いつも私のほうなのだ。

<善悪不二・邪正一如賞>
 ナファランP
 

 このゴタゴタもいつか、昔話になる。
 現在から見て、全てが未来のことであるように、
 未来から見れば、全ては過去の出来事だ。

【架空戦記部門】
<最優秀幸福動画賞>
 いとしいさかなP
 

 「聞きましただ、旦那。それで、おら、涙が出そうになって、ぐっとこらえたんです。それを旦那が聞いたね、たぶん。おら、泣くまいと思った。だが、涙が噴き出ちまって。おら、気が転倒しちまったよ。」
 
 ――『新版 指輪物語1 旅の仲間 上1』(2009年、評論社)145頁より

<最優秀新人賞>
 チキン店長P
 

 おなじみの定番ネタが、コンビニという切り口から鮮やかに蘇る。
 千早いじめなどが嫌らしくないのは、作者の人徳か。
 温かい優しさに包まれた、スタンダードでありながら、フレッシュな新作架空戦記の雄。

<最優秀「引き」賞>
 ばんなそかなP
 

 連続ドラマのような、毎話ごとの「引き」が鮮やかなシリーズ。
 ギャグで持ち上げ、トリックの解明で持ち上げておいて、
 最後に本物の「怪奇」で落とす。
 原作が得意とする流れまで再現する、まさに真実のリスペクト作品。

【ノベマス部門】
<大賞>
 フツーP
 

 守:はるちは以外は認めない
 破:はるちは以外のカップリングも楽しむ
 離:はるちはだけで満足する

<最優秀新人賞>
 Ribbon氏
 

 彼女たちは、いつも独りだ。
 だから、彼女たちを独りでなく複数にすることは、常に楽しい作業である。
 あるいは、複数を独りにするよりも。

<最優秀食べるグロ画像賞>
 鼎P
 

 このゼリーは出来損ないだ。食べられないよ。

【MMD部門】
<最自然モーション賞>
 ha2氏
 

 果たして空気抵抗は、大きいのか、それとも小さいのか。
 それが問題だ。

<最優秀モデル提供しつつネタ提供賞>
 ガンプラP
 

 またお前であってくれ。

【人力Vocaloid部門】
<大賞>
 2番P
 

 あのキャラが、あの歌を歌う。
 その「あのキャラが」の部分を全面に押し出したタイプの人力作品。
 マージナルの「律子らしさ」に感涙だった人も多いはず。

【やってみた部門】
<最衝撃サムネ賞>
 かまいたP
 
 
 ギャグとしての成功も収めながら、
 なお「ここまで本格的にやるか!」の側面も兼ね備えた、「やってみた」作品の真髄。
 そしてこの造形である。

【ドット絵部門】
<最小動作・最大かわいさ賞>
 chopper.P
 

 あまり動かないタイプの静的な芸風ながら、
 わずかなドット絵の動きで最大のかわいさを引き出す手腕に脱帽。

【マッシュアップ部門】
<大賞>
 melomeloMelon氏
 

 この新曲かなりいいなー(棒)

【リミックス部門】
<大賞>
 まかろにP
 

 あなたが癒されるということは、
 あなたが負傷しているということである。

【紙芝居部門】
<大賞>
 杜都P(旧名 ∀P)
 

 ぽかぽか。

 ***

 最後の作品は、アイマス2に関する強い主張を含むので、格納します。
続きを読む
スポンサーサイト
Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。