iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一冊を愛するタイプ
 昨日の記事はひどいですね。伏字の意味が全くないw
 もう次からちゃんと書きましょう。まあ、自分は好きなものの範囲が狭いので、同じPの名前ばかり出てしまうと、読者の方も飽きるかなと思ったんです。でも、もういいやw

 最近、PV系のブログも見て回るようになりました。人に影響受けすぎですねw まあ、視聴の幅が広がったので、本人は喜んでますw
 そんな中で、久々に見るといい動画もあります。 
 
 じゃんP作。出た時は「すげー」でしたけど、今見ると純粋に「いい」って感じです。丁寧な仕事はほんと素晴らしいですね。何やってるのかはよく分かりませんが、細かい仕事を積み重ねて作ったものであろうことは感じます。

 自分は本なんかでも、濫読するよりは、同じ本を何十回も読むタイプです。大学生の頃は太宰治・芥川龍之介・宮沢賢治の三人を読み込み、他の作家はカスだと思ってましたw まあ、若かったんですねw でもこの三人の文章は大抵覚えてるんで、引用する時には役に立ちます。どこに何が書いてあったか、不思議と覚えてるもんです。
 まあ、動画なんかもそうで、同じ動画を結構何回も見ます。yotaPの「ラブリー☆えんじぇる」なんて何回見たかなあ。架空戦記も、昔は一回見たら終わりだったんですが、最近はよく見直します。「世界IDOL大戦?」は、各話6回ぐらいずつ見てますかねw

 そういう中で気にかかるのは、以前ミカドPがブログで言ってた、「コミュニティの生存条件はただ一つ。新規参入があり続けること」だったか、そういう言葉ですね。
 昔は架空戦記も数自体が少なくて、UPするだけである程度見てもらえる→賞賛がもらえる→頑張る→動画の作成が上手くなる、みたいなパターンもありえたんですが、最近はなかなか厳しいですね。やはり我々見る専も、ちゃんといい動画を見つける努力をしないといけません。
 ・・・と思ったら、その努力をやってるのは、案外、架空戦記の大御所Pだったりするわけです。俺たち視聴者は一体、どんだけおんぶにだっこなんだとw ダメですね。私のような同じ動画ばかり見て、有名なPばっかり褒めてるのはw もうちょっと頑張らないとと思います。
 でも、他のブログなんか見てると、再生数が少ないうちに動画を取り上げて、次の日にランキングに入ってたりするんですよね。昨日の爽快Pのことですけどw ああいうのは、自分には難しいかも・・・と思ってしまいます。また例の言葉が頭に浮かびますね。"Innovator, Immitator, Idiot."・・・せめて、Immitatorにはなりたいですね。

 ***

 私が見てる動画で、再生数が少なめなものといったら・・・ボンガロPのアイマスステーションくらいかなあ。でも、これも最近、四桁に届くようになってきたし、何より、全部見てません。実は私、こんなこと言っていいのかどうか分かりませんが、ノベマス独特の雰囲気が苦手なんです。
 「アイドル寮空室あり!」なんかも、素晴らしい作品だとは思いつつも、どうも話の続きを見るのが苦しい。億劫なんですね。そういう気持ちは、傑作である「アイドルマスターfake story」ですらありました。でも逆に、「ノベマスの空気」の代表格である「ドタバタ紙芝居」には何の面倒臭さもないんです。ただ楽しい。
 この気持ちの正体は一体なんなんだろうと思いますね。架空戦記にしても、「幻戦記」「シチリア」「IDOL大戦?」と、思い入れのあるものはことごとく、実質的にノベマスなんですよね。ゲーム画面なんてほとんどない。だからノベマスという「形式」が嫌いでないことは確かなんです。ではノベマスの「文化」なのでしょうか? しかしそれではペデューサーPに対する尊敬にも似た気持ちの説明がつかない。
 まあ、自分はエロゲをほぼやらないので、ノベマスを楽しむ上での一般教養が不足しているという可能性はありますね。実際、ストレートPの作品なんかは、「これは笑っていいのだろうか・・・?」という疑問が常にありましたw 根が真面目で健全なゲーマーなのかもしれませんね。リネージュにハマって人生持ち崩した人間が「健全な」ゲーマーというのにも問題がありますがw

 何かまとまりませんが、今日はこの辺で。
 では!
スポンサーサイト

「ひこにゃん」と「ひこねのよいにゃんこ」
 二級知財の試験も終わり、行政書士の試験に集中していたところに・・・来ました。
 著作権関連事件。しかも超応用型です!

 誰得な記事ですが、ま、備忘録ということで勘弁してください。
続きを読む

長回しの神
 あまり毎回名前ばっかり書いていると、コメ乞食みたいに思われそうなので今回は名前を伏せますが、自分は今、○○Pの架空戦記を一から見直してます。
 視聴者のコメにも、文章力に惚れるものが多いですね。それはもちろんそうなのですが、改めて見て自分が一番感じるのは、長回しと音楽の関係です。
 5分間、静かな音楽を掛けたまま、一つの部屋にいる二人の会話だけで間を持たせる・・・こんな架空戦記、他にありませんよw しかもそれで視聴者の心がすっかり落ち着いたところで、一気に時間を飛ばし、場面を軍議へ。瞬間、音楽を緊迫感のあるものに切り変えるので、ギアをロウからトップにぶち込んだかのような高揚感があります。5分のタメがあってこその、この盛り上がりなんでしょうね。
 投稿者コメでは、(自分の文章の癖で?)長回しになってしまうんだと言っていましたが、怪我の功名にしろ、この演出の効果は、神に愛されているとしか思えないw

 いつか、二週目の感想をまとめ、一定以上まで考察を掘り下げてから、「○○Pを語る ?○○○○○・○○○○○の世界?」みたいな連載記事を組みたいと思ってるので、あまり多くはここでは書けませんが、この人は本当に一人、架空戦記の最右翼で異彩を放ってますねw

 ***

 私は腰痛Pのブログで不祥事を起こしてしまい、現在自主的に出入り禁止になってます。が、腰痛Pのブログがないと、ほんと架空戦記系のニュースが集まらないので、現在は××Pのブログを主な情報源に、PV系も色々見て回ってます。

 で、昨日の記事のオススメPV作品を見終わってから××Pのコメントを読んで驚愕。

 音弄りで春香さんぽく聞こえるように調整している.最初はノーマルPVを使ったシンプルな動画かなと思わせておいて,中盤からの演出の楽しさが光る.見ていくほどに味わいの出てくる逸品.
 字幕や歌のタイトルをアイマスの元ゲームのフォントに合わせているのにびっくり.


 よく見てるなーw 自分なんて、「中盤から何か色々出てくるなあ。あと最後にアイマスの曲名っぽいの出たかな。ま、面白かった!」くらいの認識だったのにw
 こういう三行くらいにスパッとまとめられる人って、すごいと思う。自分は長文型なんで・・・。

空間表現のために必要な時間
 爽快Pのブログから記事をたどって、「結構いいこと言ってるなあ」と思ったら愛識Pでしたw
 時間と空間かあ。愛識Pのエントリでは、「この考え方をもっと広げたい」と暗に言っているようにも思えましたが、着眼点はいいでしょうね。多分、もっと広げられます。それは我々、見る専の仕事かもしれませんねw 私にはまだ分からないのですが・・・。

 PV系が1?2分に世界を圧縮するのに対して、架空戦記・ノベマスが、場合によっては十数時間に渡って世界観を拡散させるのはどういうことなんだろう? という疑問は、私にもありました。まあ、後から言っても仕方ないんですがw 愛識Pのエントリを見て、「やっぱりこれは重要なのかも」と思った感じですね。

 PV系については、「アイマスのダンスが基本なんだから、2分前後に落ち着くのが当然だろ」というのが、一番夢も何もない、現実的な答えでしょうねw 
 「夢のある答え」を探すのなら・・・愛識Pが割と簡単に済ませてしまった、「空間」という言葉に何かありそうです。PV系とノベマスの「空間」・・・両者は明らかに違いますが、これを簡単に説明することは、自分ごときには不可能ですw

 ただまあ、無理に短い言葉で表すとするならば、おそらくPV系の空間は視覚に強く依存しているがために時間軸からは比較的自由であり(むしろ長時間の視聴に耐えられない)、対するノベマス系の空間は、文字の理解から生まれる経験的空間であるがために、時間を消費してしまうのでしょう。
 ・・・無理に理解する必要はないですよ。私にだってよく分からないんですからw

 でも、PV系において愛識Pの言う「瞬間的なすごさ」というものの正体は、おそらく「視覚」だと思います。視覚的な刺激は、瞬間、それこそ6フレームでも受け取ることが可能ですからね。
 逆に言うと、ノベマスや架空戦記の特徴は、視覚に依拠していないことにあるとも言えそうです。それが最大の弱点であり、長所であるわけですね。

 でもこんなこと、誰でも知ってることですよねw
 いつか、もっと深い方向に広げてみたいです。

昔を返す舞の袖
 このエントリでは能に関する話だけ書きます。考察とかでもありません。すいませんw
続きを読む

義務のための義務
 最近、「嫌だけど、やらなければいけないこと」に苦しまされてます。
 ま、もう大人ですからね。やりますけれども。
 やっぱり、辛いんですよね・・・。

 ああっ、長文で色んなこと語りたい。
 でも、時間がない・・・w
続きを読む

日記
 今日のランキングではセンタースポットがよかったですね。
 爽快Pの動画を見てから、なんか頭のネジが一個ズレてしまったらしく、今までの自分なら途中で切りそうな感じでしたが、最後まで静かに見つめてしまいました。しっとり系の良作ですね。技術もあえて前面に出さない。あとは「川の流れのように」的な曲の雰囲気がグッドです。

 あとは・・・書くことないっすねw 秘密の動画もあるんですが、これは可能な限り秘密ということで。
 では。

上位世界の表現と夢の終わり
 今日は県立の図書館で勉強してきました。勉強はかなり進んで嬉しかったんですが・・・これ平日の進み具合ひどすぎますね。何らかの改善が必要かもしれません。9月は車検の季節なので、仕事が忙しくなるんです。まともに勉強できるのは、8月までかもしれません。

 あと、択一は何とかなるとして、記述式は結構応用的ですね。弁理士の記述問題ほどではありませんが、ちゃんと練習しておかないと何も書けません。一刻も早く択一を一通り終わらせて、記述の練習にも取り掛かりたいですね。

 模試は色々見たんですが、どれも日程が直前すぎる上に、開催地が都会ばかり・・・ううっ・・・加賀百万石の栄華は既に昔のものなのねっ。資格の大○さん、富山に学校があるのになぜ金沢にないんですかっw 
 ま、多分富山まで電車で行って、泊まりがけで模試ですねw

 以下、上手くまとまりきらないので格納します。
続きを読む

二度目の正直
 このブログ、なぜか評論系の記事を書いた日を中心に、ヒット数が高いです。結構「語りたい人」「考えたい人」がいるのかもしれませんね。
 ただあっち系の記事は書くのに時間が掛かるので、あんまり頻繁には書けません。ネタ自体はそこそこ貯めこんでおり、今日も書こうかなと思ったのですが、気乗りしないまま書いてもあまりいい内容にはならないだろうし、やめておきました。
 ま、そんなわけで、マイペースでいきます。すいません。

 まずはDS版の動画です。
 
 DSを買うお金はさすがにないので次回作は買えませんが、かなりモーションに力を入れていることが分かりますね。SPのあれはさすがにマズかったのかもしれません。

 お次は爽快Pの動画。
 
 私は口が悪いのでそのまま書いちゃいますが、この動画、爽快Pのブログで宣伝があって楽しみにしてたんですが、最初に見た時は、どこがいいのかサッパリ分からず、途中で消してしまいました。
 が、爽快Pのブログに、「伝わる人にだけ伝わればいいです」みたいなことが書いてあって、「俺には伝わらなかったのか」とちょっとブルーにw それで、今日ランキングで100位にギリギリ残っていたので、思い切って見直してみました。
 結果は・・・最後まで画面を見つめてしまいました。と言っても、「すごい!」とか「綺麗!」とか「かわいい!」とか、声に出せる感興ではなくて、何か穏やかな気持ちで、最後まで見守ったような感じでした。
 自分はこの動画はとても特殊な領域で勝負してると思うんですが、こういう動画が普通にカテゴリ32位とか取ってしまうあたり、ニコマス民というのは本当に目が肥えてると思うし、そういう視聴者をある程度信頼して「分かってくれるはず」と思って出すほうもすごいと思います。
 ただ、そういうやり取りには馴れ合いに陥りやすいという側面もあって(例:伝統芸能)、自分はその危うさも含めて、ニコマスから目が離せないといった感じですね。

かわいいけど、アイドルじゃない
 律子の魅力と欠点は、表題に掲げたコメントに尽きると思います。ぶたP動画の視聴者は、いいこと言いますね。
 でも100%律子しかいないって風にもなりませんねぇ。まあ今のPCの壁紙、うしわかPのブログからもらってきた律子の壁紙なんですがw

 最近勉強ばっかりで大変だということで、両親がおごってくれるそうです。以前書いた、県内で一番おいしいイタリアン料理屋さんです。
 でもそこは「イタリア風」レストランと名乗ってて、純粋なイタリア料理ではないよと看板で断ってます。以前甘エビのパスタだったかが出てきてびっくりしたこともありました。多分イタリアではやらないでしょうね。ただシェフはイタリアで数年間修行されたそうです。
 が、予約前日の今日になって、口の内壁を噛んでしまいました・・・これ痛いんですよね。どうか口内炎になりませんように。

 しかし週末になると、勉強出来ると喜んでる自分がいますね。調教されつつあるんでしょうかw
 いまのところ、問題の正解率は4割弱くらいです。まあランダムに答えた場合の期待値が2割弱ですから、ましなほうでしょう。これを三ヶ月かけて7割まで持ってけばいいので(合格は6割以上)、まあ許容範囲です。
 自分が一番勉強したのは大学受験の時で、学内偏差値を30くらい上げました。8ヶ月で。
 もうああいうのは二度とやりたくありませんが、本気になれば世界は変わると思いました。それだけでもすごい収穫だったと思います。

 さすがにもう世界は変わらなくていいですが、前には進んでいきたいなと思います。
 やりたいことは遠いし、必ずしもたどり着けなくてもいいから、可能な限り肉薄したいなと。
 そう思っております。

鈍い光
 ソシアルPの「Emblem For You!」がどんどん神がかってきてますね。
 伏線の張り方、回収の仕方、盛り上げ方、緩急の付け方・・・そういう基本と言われてる部分が、丁寧で実に素晴らしいです。これは理論じゃなくて、多分感覚でやってるんでしょうね。最新鋭の精密機械より、職人の手の感覚のほうが優れてるようなもんでしょうか。
 同じような成長っぷりは、別所Pの「美希の天下創世」でも感じます。最初はまあ面白いほうかな、ぐらいに思ってたのが、だんだん鈍い光を放ちだして、そのうち手の届かないところまで行ってしまう感じです。彼らは芸術家というよりは「達人型」の成長タイプなのかもしれません。

 迷走Mind覚えたいんで聴きまくってますが、歌詞を詰め込み式で暗記しようとすると、行政法の知識がトコロテン式に押し出されてしまいそうで怖いので、あくまで聴くだけにしてますw
 自分は迷走MindのイントロがなぜかRelationsと混ざるんで、脳内で完全再生できるまで聴きこむつもりです。でも混ざるのはなんでなんでしょうね。OP曲というイメージが強すぎるのか、「スッパーン」のせいなのか・・・w

 勉強はなんとか間に合いそうですね。試験まであと3.5ヶ月しかないので、1.5ヶ月で一通り範囲を頭に入れて、残り2ヶ月で記憶の定着&記述の練習です。ま、勝負できるまでは行くでしょう。予定が遅れるようなら、週末はまた市内のホテルに缶詰ですw
 あと、受験料が7000円ってのは地味に嬉しいですね。二級知財管理士より権威があるのに、受験料は半額です。やっぱり、たくさんの人が受けますからね。
 でも二級知財の時は「もう一回15000円払いたくない」というのがモチベーションUPに役立ってたので、そういう意味ではマイナスですねw 法曹資格というところを意欲向上のために、常に意識していきたいです。

日記of日記
 右手が左手と比べて、焼けています。水ぶくれまで出来ています。仕事で自動車の運転ばっかりしているので、窓側の手が焼けてしまうんですね。なのでウチの会社はみんな夏も長袖です。腕まで焼けてしまうと大変なので。

 仕事で運転中、能の謡を車の中でやってたんですが、ダメですね。
 昔は一番45分、そらで歌えるのが何曲かあったんですが、もうほとんど忘れてます。ただ、意外と音程は覚えてますね。その代わり歌詞を忘れてるので、歌が途中で終わってしまいますw

 動画でアイマス声優の方々のライブを見ましたが、曲の後半はどうしても、息切れしますね。
 やっぱり、西洋の激しいダンスをやりながら歌うというのは、かなり無理があるのだと思います。ほとんど動かず、動いても内臓が上下しない能でも、歌いながら舞うのはかなりきついです。
 カタとハコビ(すり足)で構成される能のことを歩行舞踊と呼ぶ人もいますが、その意味で言えば西洋のダンスは走行舞踊・跳躍舞踊ですよね。しかも能が歩き回る中にカタを入れていくのに対して、西洋のダンスはいわばカタの連続です。踊ってて疲れるんなら踊りのほうをいじろうぜというのが日本式の発想で、踊ってて疲れるんならトレーニングして体力付ければいいじゃん、というのが西洋式なんでしょうか。

 ***

 昨日の夜寝る前にブログを確認したら、糸冬Pのブログからトラックバックが来ていて、心臓がでっかい音で「バクン」と一回鳴りましたw
 しかもタイトルが「褒める以外不可。」だったんで、「ああ、きっと『褒める以外不可』みたいな空気のあるニコ動っておかしくね?」っていうエントリなんだろうと勝手に想像して、昨日は落ち込んだまま寝てしまいました。
 それで今日、仕事から帰ってきて、恐る恐る糸冬Pのブログをチェックして・・・思いっきり吹きましたw 糸冬P、そっち系すかw 私は幻戦記を読み終わって以来Pのブログをほぼ毎日チェックしてますが、知りませんでした(何のことか知りたい人は、当該記事へどうぞ)。

 しかし、ただの視聴者が思ったこと書いてるだけなのに、色んなブログに取り上げていただいたりして、自分は幸せ者だと思います。
 このブログ、たまに30HITとかする日もあるんですが、普段は10HIT前後で安定しており、自分もそれぐらいの人たちに語りかけるつもりで書くのが、一番やりやすいです。
 やっぱり、HIT数のような「数字」は魔物だと思うので、あまり気にしないようにしてます。・・・いや、それでも気にするんですけどねw でも、視聴率のような「数字」を絶対視した民放の番組が堕落していったことを考えると、自分はNHKのように、見てくれる人は少なくても、心をこめて書いていこうと思っています。

今日の日記
 完成するまで誰にも言えないような動画の素材漁ってます。
 それ用に迷走MindのショートVer.が欲しいなあ・・・と思ってニコでゲット。自分はノートPCしかないので、DLC買ってキャプチャするわけにいかないんですよね。デスクトップPCがあれば、キャプチャボード買うんですが。
 あとCD買っちゃおうかと思ったんですが・・・高いっすね。自分、働き始めてから結構な値段の買い物しても大丈夫になりましたが(Adobe Photoshop CS4など)、このCDの値段はさすがにちょっとアレですね。1?2枚ならいいんですが、集めるのはきつそうです。
 同人ゲーム制作では、1000枚のCDプレス(包装込み)で15万ですから、一枚の原価は150円前後なんですよね。それを一枚2000円で売るというのは・・・そんなにプロのギャラって高いんでしょうかね。マスタリングとかたくさんの人が関わってそうだし。
 まあ、昔の人が魚を取りすぎたり、木を切りすぎたりしなかったように、ファンからもお金を取りすぎるのはよくないと思います。ファンのお財布も、限りある資源なんですから。

 ***

 それから教養講座(著作権)を作るために、コミュ動画視聴&箱プレイしてます。
 自分は二次創作で他人のキャラを喋らせるのがものすごい苦手なんで、キャラの口調や性格をつかむのだけでも一苦労です。

 実際にコミュ見て一番思ったのは、律子の良さですね。
 自分はギャルゲっぽいのが苦手なので、アッサリしてる上にベトベトしない律子はかなり好感が持てます。外見は地味めですけど、性格的には律子が最強ですねw 律子ファンの気持ちがちょっと分かりました。
 いや、でもあれが「かわいい」って言ってる人も多いし、自分とは見方が違うのかもしれませんね。自分からは頼れるパートナーのように見えます。でもそこがいいですw

 それから、ボイス付きで見ると、かなりイメージが変わりますね。歌と口調(文字)だけのイメージとはかなり違うことが分かります。
 あずささんが一番イメージ変わったかな? 思ったよりかわいい感じですね。

 最後に何回も言いますけど、このゲーム、モデリングとレンダリングが神ですね。
 漫画の無理のある顔の造形を、よく3Dにしたと思います。

 ***

 今日は以上です。

 あと、やっぱりインターネットに過度に同調するとダメですね。
 一定の自我は切り離しておかないと、このメディアは魂をも取り込もうとしてくるかのようです。
 自分はまだ補完されたくないんで、ATフィールドを張ることにします。
 あくまで、社会の中の一個人でいさせてください。

 では。おやすみなさい?。

止まったまま動け 能の美と日本のアニメ
 昨日劇場でエヴァ破を見ていて思ったことがあるので、書いておきます。
続きを読む

連休の悲喜劇
 いやー、三日も休むと体がなまる上に、勉強もとどこおってダメですね。やっぱりある程度生活にリズムがないといけないなと思いました。

 あと暇を持て余して、「自分も腰痛Pみたいに埋もれた架空戦記を発掘しよう!」・・・と思って頑張ってみたんですが。
 気力が続かないですね。ストライクゾーンが狭いのもそうですけど、やっぱり情熱みたいなものが必要だと思います。
 ウォーレン・バフェットだったかの「三つのI」という言葉がありますね。世の中には三つの"I"しか存在せず、それは"Innovator, Immitator, Idiot"(開拓者、模倣者、馬鹿者)だそうです。自分は行ってもImmitator=模倣者レベルで、Innovator=開拓者にはなれないな・・・と思って、ちょっとへこみました。

 それと「白春香」のJA.Pは、見事に復帰しましたね。投コメに一行書くだけでいいのに、と自分は思ってしまいましたが、いずれにしろ、続けてくれて一安心な人が、日本に1000人くらいいると思います。私も含めて。
 あと「ちょっと口調がおかしいのでは?」というコメに、「ちょっとどころじゃねーよwでもそんなの気にすんなw」というレスが付いてたのは笑いました。作者も作者なら、視聴者も視聴者ですね。
 動画を続けてくれれば、いつか自分の弱点に気付いて成長してくれるかもしれないけど、視聴者の文句にうんざりして作者が投稿をやめてしまったら、そこで終わり。だからとりあえずは見守りながら、みんなで作者を育てようよ、という精神なんだと思います。
 もちろんそれだけじゃ永久に成長せんだろ、という意見があるんでしょうが、そもそも作者に「成長」を求めてる時点で傲慢なんじゃないかということなんでしょうね。とりあえず今のままで満足しよう。それ以上のものがあればラッキー、くらいに構えてるのではないでしょうか。面白い文化だと思います。
 自分も小説の賞に送るための作品なんかを友人に読んでもらったりしたことがあるんですが、「忌憚ない意見を」という言葉は、そのうち封印しました。「忌憚ない意見」を友達に言ってもらうと、なまじ仲がいいんで、結構グサグサくる言葉もらうんですよねw それで心が折れて、もう続き書くのいいや、とか思っちゃう。俺の作品なんて、誰も求めてねーんだよ、いいとこなんてねーんだよ、という風に、いじけてしまうんですね。
 ニコニコでコメント書いてる人たちの中には、投稿者である人も結構いるだろうし、何がしかの創作行為をやっていて、「忌憚ない意見」を書く弊害を知ってる人も多いのかもしれない。それでこういう文化が育まれてるのではないでしょうか。
 私はいいことだと思いますが、中には「はっきり書いてくれたほうが助かる」という人もいると思います。でもそういう人は少数派なわけです。結局我々は、互いの限界を探りながら、視聴者は際どいコメを書き、作者も際どいギャグで返す、というチキンレースみたいなゲームをやり続けるしかないのかもしれませんね。

エヴァ見てきました
 エヴァ新劇破、面白かったです。期待以上でしたね。
 ただし新キャラの台詞回し等も含めて、エヴァ的というより、フリクリ的な面白さでした。それには多少の不満もあるんですが、やはり今この現在エヴァを作るとすれば、ベストアンサーかなとも思いました。
 ゼルエルが零号機を一瞬で食べちゃうシーンとか、多分コンテは鶴巻さんだと思います。動きがフリクリっぽいんでw でも原作まんまの序と比べて、やっぱりこっちのほうがいいと思います。前作は渋々原作をやり直してる感じがしたので。
 あとは、キャラの絵ばっかり見てましたw 絵の勉強ということで。やっぱりプロでも、難しいアングルは極力避けてますね。難しいアングルを描く技術も、そもそも難しいことはしないというのも、どちらも大切な技術なのかもしれません。

 あと、見ててストーリー上の不満がある度に、封印中のオリジナル同人ゲームのキャラに「俺ならこう言わせる」みたいな感じで、脳内で台詞言わせてましたw 中二病もいいとこですね。しかし触発されて、また作り始めてしまうかもしれません。いずれにしろ、いい刺激になったと思います。

 最後に・・・今日は男性1000円の「メンズデー」だったんですが、通常価格の1700円はボりすぎですね。映画界なんて、著作権法も好き勝手にいじってるし、利権の塊なんじゃないでしょうか。今日は楽しめたからいいものの、中にはハズレだと思った人もいるでしょうし、そこらへん、なんとかならんかなーとか思いました。

モントゴメリーツコ・・・の失敗ラフ
 久々に描いたらやっぱり劣化してるなあ。

 モントゴメリーツコ

 どこが間違ってるのかもよく分からないし、探求する気力もないw
 右に春閣下描いて、にらみ合う二人にしたかったんだけど・・・まだ実力的に無理かな。

 あと「怒ってるキャラ」を描くのって、かなり難しいみたい。
 pixivで検索してみても、ほとんどの人がいわゆる「怒りマーク」で済ましてる。
 ま、それでいいのかな。

■追記
 右目が少し小さいんですね。それでちょっとかわいくなくなってるのかも。
 あとデジタル絵って難しいですよね。この間の響のイラストも、紙に描いたラフは結構可愛いんですが、なぜかデジタルにすると顔が縦長になって、アゴが強調されて見えてしまうんです。
 デジタルにすると、細かいミスが目立つのかな? でも結構ミスってても味のある人はいるからなあ。自分にだけ当てはまるのかもしれない。
 まあミスを減らせば上達するっていうのは、下手に画風が完成されてるよりもラッキーかもしれない。
 ・・・と思って頑張りますw

今日の日記
 『エヴァンゲリオン新劇場版・破』、なにやら話題のようですね。自分も月曜日、市内の映画館が男性割引してるので、某架空戦記の元ネタ探索を兼ねて、見に行こうかなと思ってます。
 エヴァと言えば、昔Stage6に上がってたドイツ語版のエヴァンゲリオンは素晴らしかったです。声優さんたちがみんな上手いし(シンジ君だけはさすがに緒方恵美さんとの差は大きかったですが)、特に第24話『最後のシ者』では、ベートーベンの第九をバックにドイツ語で喋るキャラクターたちはカッコよすぎました。まさに異次元でしたね。ああいうものが国内でも廉価で出回れば面白いのになと思ってしまいます。

 それから、『著作権の事件簿』という、買うと9500円もする430ページくらいの大判の本を、図書館から借りて来て読んでます。行政書士の試験では判例を覚えるのが大変なんですが、さすがに興味のある分野だと、簡単に覚えられていいですね。『ときめきメモリアル事件』とか、『DEAD OR ALIVE2』事件とか、ゲーマーなら一度読んだらまず忘れない事件名と内容ですw
 あと、判決文もとてもよみやすくアレンジされてて、著作権について多くの人たちに知ってもらおうという意欲がよく分かる良書です。正直、買おうかなと思ってます。手元に置きたくなる内容です。

 次は海外のニュース。
 おそらく世界で最も有名なニュースキャスターであったろう、ウォルター・クロンカイト氏が死去されたそうです。
 http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200907180011.html
 日本人から見ると驚きですが、アメリカのニュースキャスターというのは、ほとんど「意見」とか「主張」を表明しないんですよね。だからこそ、逆に信頼される。日本の報道関係者や、他ならぬこのが、是非見習うべき姿勢ですねw
 そんな彼が、一度だけ大々的に主張を行ったことがあって、それがベトナムからの撤退を主張するレポートでした。ニクソン大統領は、「クロンカイトに見限られたら、私はもうおしまいだ」と言って、二期目の立候補を断念したとも言われています。
 日本のニュースも、政治はダメだダメだと居酒屋のオヤジみたいなことばっかり言ってないで、普段は事実の報道に徹し、いざという時に論陣を張るほうが、効果的だし、何よりカッコいいのにな、と思ってしまいます。

 最後はpixivで、いつも見ているドット職人さんの作品。
 
 『真・女神転生if』と、アイドルマスターのコラボです。
 美希がよく出来てていいですね。

 では今日はこの辺で。

日記
 行政書士の問題集に手を付け始めました。
 いやーむずいっすw 以前司法試験の問題集に触れたことがあるんですが、かなり似てますねー。
 最近はこの資格の人気が上がって、試験が難化し、司法試験に近づいてきているそうです。テキスト読んでるだけではかなり簡単そうだったんですが、問題見て気が変わりました。早めに問題見ておいてよかったですねw 二級知的財産管理技能士では、試験の前日に過去問やってひどい目に合いましたが・・・今回は早め早めに問題やって、確実に合格を狙っていきたいです。

 アイマス関連では、ておくれPについて語りたかったんですが、本格的に論ずるには八十年代日本の文化に関する知識が足りなくて断念。行けそうだと思ったんだけどなー。こういう純粋なエンタメ系作品のほうが、実は論ずるのに広く浅い知識が必要で大変ですね。 

 あとはちょっと遅れたけどこれ。
 
 何やっても上手いんだもんなあ・・・。
 羨ましすぎる。

法律の向こう側で
 私は2chやしたらばはほぼ見ないので、何が起こっているのやらよく分かりませんでしたが、どうやら一部のMADについて、やりすぎだとかそうでないとかいう議論があるようです。
続きを読む

デイリーランキングから
 えー、もう口が悪いのは仕方ないので、好き勝手書きますw

 まずはこれ。
 
 若干後半のカタルシスに欠けるかもしれない。宣伝しちゃったけどw
 でもクロノトリガーを物語の横糸として使うという叙事的な発想はすばらしい。ニコマスではツナマヨP的な「音職人」を多く見るせいか、ストーリーのある音楽は新鮮に聞こえます。サカモト教授は、ニコ動のロマン主義者なんだろうかw

 PV系は個人的にはこちら。 
  
 コメントにはネガな意見がいくつかありました。曰く、「視点が同じで飽きる」「シンクロがずれてる」・・・。
 でも、自分はこれくらい隙があったほうが好きですねw 音楽がメインなのもありますけど。
 「大芸術家には隙がないといけない。隙がないだけの人は小芸術家」という言葉がクラシック音楽の評論でありました。その通りだと思います。

 タグロックPといえばこちらも。
 
 もうロシア国歌を聴くだけで、IDOL大戦の最終回を思い出してじーんとしてしまうんでw これは反則ですね。歌詞は旧版のほうが好きですがw
 動画に出てくるロシアンジョークもいいです。

 ソ連が恋しくない者には心がない。
 ソ連に戻りたい者には脳がない。


著作権法豆知識 最終回 フェアユース
 こんにちは。
 最終回となる第八回は、フェアユースについてです。
続きを読む

それでも奇跡は起きるのか
 あー、先日の二級知的財産管理技能士の試験のことですが。
 なんか公式サイトに発表された解答を元に答え合わせを行ったところ・・・。

 受かってる!?

 えー、マークシートの記入ミスがない限り、合格してしまうかもしれません。
 
 やばい、心臓がドキドキしてきた・・・。
 これは最後まで分かりませんね。
 後は合格発表の8月28日まで、天に向かって祈るばかりです・・・。

さっそく勉強開始
 次に受ける試験はいくつか案があったんですが、庭上げPのコメントで「行政書士」という単語が出てきたので、これも運命かと思って行政書士にしました。
 自分は単純なので、さっそくテキストを買って来て行政法の項から読み始めました・・・が・・・眠いっすw 四ヶ月持つかなーこれ。
 ま、ぼちぼちやってきます。

 あとろだスレからいただいてきた歪氏謹製の素材見てて、ポカーンってなった。この人すごすぎ。
 素材作りの労力もすごいし、なんといっても線が綺麗だ。
 特に素晴らしいのは小鳥さん。色んな表情を見てるだけで、なんだか楽しくなってくる。
 こういう人を「絵師」って呼ぶんだろうなあ・・・。 
続きを読む

今日の日記
 えー、試験で疲れすぎましてw 今日は会社でぐったりでした。
 自分がよく思うのは、会社で疲れるのは別にいいんですが、その疲れがプライベートの時間にまで残るのが何とかならんかなと・・・。ローヤルゼリーとか色々試してるんですが、なかなか疲れが取れません。
 自分の場合、足が特に疲れます。仕事で車運転してる時間が長いからかもしれません。最近は停車してる時はギアをパーキングに入れてます。ブレーキ踏んでる時間も減らしたいんでw

 今日は『治安維持法小史』を読了。いやー、文庫本だと思ってたら長かったです。さすが1200円。
 内容は法学者から見たらしく、ほぼ立法過程・運用状況の両面からのみ論じられていました。アマゾンのレビューにもありましたが、もうちょっと当時の歴史的状況を織り交ぜてほしかったとは思いますが、法律家の書いた本の割にはとても読みやすくて良かったです。

くそ! また暴れだしやがった・・・
 ダメだ・・・中二的暴言を抑えることができない・・・。

 怒りに任せて書くんで、コメント閉じます。すいません。
続きを読む

架空戦記の暴走機関車(暫定)
 

 JA.Pのことは腰痛Pのブログで知りましたが、腰痛Pは再生数が少ないうちから、いい作品を見つけるのがうまいですよね。JA.P、いい感じに暴走してくれてますw

 暴走系架空戦記というと、完結したドゥーチェの野望とかが思い浮かびますが、白春香のほうがこう、蛇行運転の感じが強いですねw 若干ついていけなそうになるあたりが、また個性になってていいのではないでしょうか。

 で、第七話の最後にこうありました。

 JA.Pはもうやりたい放題
 動画を作ってて
 とっても楽しい

 
 「そりゃそうだろうよw」「いいことだw 本当に」「こっちもとっても楽しいよww」などなど、まあ、皆さん分かってますねw この蜜月が長く続けばいいなと思います。

 また、iM@S架空戦記の作者さんは、デビュー直後からしばらく、作風が不安定になったりするわけですが(主に視聴者の意見を取り入れているため)、彼は文字送りが遅くなって読みやすくなったほかは、見てるほうからは、ほとんど変わっていないようにも見えますね。まあ、私は頑張って分析しようと思いながら見ても、気が付くと「視聴者」になってるほうなんで、気が付いていないだけなのかもしれませんが。
 いずれにしろ、これからが楽しみですね。

だめだこのP、早くなんとかしないと・・・
 

 えー、「これはひどい」は昨日使ってしまいましたしね。
 なんか名言っぽいことでも言いましょうか。

 笑いの前に、評論は沈黙する。

 イイコトバダナー

惨敗
 今日の試験の自己採点

 学科 75点前後
 実技 70点前後

 ま、落ちましたね
 でもまあ、実力はほぼ出たと思います。

 あと応援のメッセージを一行でもくれた方々、本当にありがとうございます。
 途中で受からないのは自分でも分かったんですが、それでも最後まで努力を続けられたのは、みなさんのおかげだと思います。実際、最後の一日の勉強で、点数を10点近く上げることができました。
 今回は落ちてしまいましたが、次回につながる負けかなと、自己弁護などしてますw

 自分は大きな試験にはとても強くて、高校受験、大学受験から今回の資格試験まで、実は負けなしだったんですね。「絶対に受かりたい」と思った試験には、落ちたことがありませんでした。
 だからまあ、油断してたというか、今回も逆転があると思ってたんですが、ダメでしたね。特に記憶力の衰えとかは如実に感じました。もう若くないんだなとw
 でもまあ、いい薬だったんじゃないかと思います。まだ二十代のくせに年齢を言い訳にはしたくないので、四ヶ月後の試験では、今度こそ合格したいと思っています。

 実は次に受けたい試験も待ち構えているので、今からさっそく、本でも買いに行ってきますw
 では!

\(^o^)/
過去問題やってみたところ・・・

学科67.5点
実技62.5点

合格点80点

ま さ に
\(^o^)/
オ ワ タ


著作権の問題は9割取れるんですが、特許関連の問題がボロボロ。
特許なんて全く興味ないしなあ・・・w しかし、結果は正直だ。

ま、明日はやれることをやるだけ!
片方でも受かればいいし、全部だめでも次がある!
最後まで諦めずに頑張ります!
Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。