iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せな人
 昨日はFC2ブログで長い緊急メンテがあって、記事をUPできませんでした。
 そのため、今日は二日分の日記を一つにまとめたので、記事が長大になってしまいました。すいませんw

 先週は何度も記事にリンクもらって嬉しくて、記事を書きまくったせいであまり勉強できませんでした。そこで、今週は真面目に勉強しよう・・・と思った矢先に、また長文を書いてしまいましたw まあ、文章書くの好きなんですねw 好きでやってるから全然苦痛じゃないし、あまつさえ評価してもらえたり、好きなPがコメント欄に来てくれたりするので、ホント自分は幸せ者です。ブログ始めて本当によかった。
 
 行政書士の勉強は、意外と楽しいです。
 自分が法律の勉強を始めた理由は、ちょっと中二くさいですが、グレーだとかブラックだとか言われてるMADや架空戦記って、本当は法律上どういう扱いなんだろう? という疑問があったわけです。「違法だ違法だ、とにかくやめろ」ではなくて、違法ならどう違法なのか、どうすれば違法にならないのか、そういった問題を、他人の色眼鏡を通してではなく、自分の頭で考えたいと思ったわけです。ですから最初は、著作権法さえ理解できればいいと思っていました。
 けれども、実際に著作権法をある程度理解した上で、応用的な問題を考えようとすると、ありとあらゆる法律の知識が必要になってくることが分かりました。特許権等の知的財産法はもとより、私権の一般法である民法、損害賠償を求められた時のことを考えれば民事訴訟法、刑事告訴された時には刑法と刑事訴訟法、文化庁(著作権法を管轄する役所)が一般人からの意見公募の結果を無視しまくっていることに関しては行政法が役に立ちます。なので、著作権法との関係を考えながら勉強していると、大抵の法律がニコマスと全く無関係ではないことが分かるわけです。だから、勉強していてとても楽しいですね。
 ただ、試験に合格できるかというと、厳しいですねw 今のところ五分といったところです。自分は勝率9割の賭けしかしない主義なんで、これをどこまで引き上げることが出来るかですね。10月18日の直前模試に向けて、頑張って行きたいと思います。

 以下、長いので分割します。
 ***
 
 どのエントリだったかちょっと特定できないのですが、以前、ミカドPがブログで、「いつの頃からだろう、ランキングが役に立たなくなったのは・・・」という話をしてらっしゃいました。また、確か「ランキングで用が済む人は幸せだ。羨ましい」といったようなことをおっしゃってたように思います。ミカドPはランキングの動画だけではもの足りなくて、面白いノベマスを探して苦労されたから、そう思ったのだと思います。
 で、その「幸せな人」こそ、この私ですw 自分はほとんどランキングで用が済んでしまいます。忙しいから時間がないのもありますが、感性が凡庸だとも言えます。そして私のような感性の持ち主からは、ミカドPのような尖った感性を持ってる人が羨ましく見えるわけですねw 今日のランキングを見てて、そんなことを考えてました。

 昨日のランキングでは「メビウス中隊が真のライブに参加するようです」が素晴らしかったです。自分、この動画を知らなかったんで、広告注ぎ込んで上げてくれた人に感謝です。
 この動画を見てて思ったのは、やっぱり「シナリオ」の偉大さですね。映像や映像美だけで10分28秒持たすことは難しかったでしょう。言葉のやり取りがあって、ストーリーがあるからこそ、この時間持つのだと思います。
 やっぱり自分は「ストーリーのある動画は長時間見てても飽きない」ことを説明するのに、「文字や台詞の理解には時間が必要だから」だけで終わらせるのには、納得しきれないものを感じます。たとえば動画の随所に一行や二行の「メッセージ」を表示してストーリーを物語るタイプの映像作品なども、割合長時間視聴できると思うので、シナリオそのものに、何か動画内の時空を押し広げるような作用があるように思います。ま、「思う」だけなんですがねw 「gase2予想」とでもしときますかw また何か分かったら書きます。

 逆に驚いたのがわかむらPの作品。あれ、なんでだろ、最後まで集中力が持たない・・・。それどころか途中で切りたい・目を背けたい衝動がものすごい。これがギガンテス症候群なんだろうかw 
 曲の主張が強すぎるのかもしれないですね。自分は主張したいことを沢山抱えてるタイプなんで、同族嫌悪なのかもしれません。コメントにも「好き嫌いが分かれるのではないか」とあって、ああ、自分のことだなと思いました。
 ただ、こんなことはあんまりないので、ちょっと覚えておきたい動画です。いつか、何か分かるかもしれませんね。

 (8/11追記:わかむらP自身、ブログのエントリで、皮肉を入れたと書いてますね。まあ、問題作ではありますが、この作品の評価を語るのは、自分にはまだ早いですね。多分、あと一年くらいしてから振り返ると、分岐点にあるような作品だと思います。)

 最後に、目下研究対象だったシラカワPについて。昨日、全MAD作品を見終わったんですが・・・予想が大きく外れました。この人、自分の想定していた範囲に収まってくれませんw しかも「桜川」で、自分の理論が完全に破綻しました。行けると思ったんだけどなあ・・・まあ、最新作の「星に願いを」は割と説明しやすいんですが・・・。
 武道や伝統芸能で「守・破・離」というのがありますね。シラカワPは21作目の「TIME」で「破」になって、「桜川」でもう、「離」まで行ってしまったのかもしれませんね。まあ、このまま何も書かないのもアレなんで、自分の予定していた理論とその破綻も含めて、後日気が乗った日に書こうと思ってます。

 以上です。長かったですね。ただの日記ですが、全部読んでくれた人がいたら、本当にありがとうございます!
 では?。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

メビウス中隊とは「お目が」高いw
あの動画はとても惹きつけられたので
ニセ英訳やっちゃいましたよw
れぽうp | URL | 2009/08/13/Thu 20:05 [編集]
 マジすかw でも本当にいい動画だと思います。ああいうノベマスとPVの中間みたいな動画って、意外と少ないですよね。
 あと、ゲームの宣伝効果もあると思います。自分がエスコンゼロを買ったのは、ニコニコのせいなんでw
gase2 | URL | 2009/08/13/Thu 20:31 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。