iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選択的全体主義
 姫路民さんのエントリを見て、アイディアだけメモしてた記事を完成させたくなってしまったので書きます。
 ただ、この話題は記事にしていいものか迷ったんですが・・・ギリギリOKかな・・・? ま、あんまり楽しい内容でもないです。

 あと、自分の主張っぽいものと姫路民さんの穏健なエントリには何も関係はないので、その点だけ、誤解なきようお願いします。
 ***

 自分は2chの文化が苦手でした。大学時代はよく顔を真っ赤にして、自演や議論や罵倒をしてました。一日中、板に張り付いてた日もありました。でも、そんな私も、もう2chはほとんど見ません。
 ニコ動が登場したからです。

 2chの文化というのは、要するに直接民主主義だと思います。みんなで集まって、ガチで議論すれば、何かが得られるはずだという前提に基づいてやってるわけです。でも、自分の覚えてる範囲では、それが上手く行ったことはほとんどなかったように思います。いわゆる、「万人の万人に対する闘争」に陥ることが多かったのではないでしょうか。
 実際、2chが残した「遺産」とでもいうべきものは、ニコ動の時代になってみると、驚くほど少ないといわざるをえません。あれだけの人数が集まって散々議論して、残ったものが職人のAAだけというのは、あまりにあんまりです。批判や議論が生み出すものは、所詮、その程度のものなのかもしれません。これは作品を批評する側である我々見る専が、厳に留意すべきことだと思います。

 それに対してニコ動というのは、いわば全体主義です。作品がつまらないと思った者は、批判コメや議論コメなど書かずに、さっさと動画から立ち去れと。それでも書く奴はNGで「いないこと」にする。そうして残った全員で、動画を褒め称えればよい。みんなで一つになればよい。しかし翼賛者の人数が少なければ再生数やマイリストに表れるから、うp主はそれを見て今後どうするか決めればよい。そんな感じで、動画単位の全体主義になってるんですね。
 では、動画が気に入らなかった人間はどうするのか。ニコ動に上げられた膨大な量の動画の中から、自分の好きな動画を探して、その動画を褒め称えていればよいというわけです。しかも、どうしても好きな動画がニコ動上にない場合には、自分が動画を上げることも出来るわけです。この意味では、ニコ動は全体主義ですが、動画単位の小さな全体主義の集合体であり、どの全体主義に属するかを個々人が決めることが出来るという選択性があるわけです。
 自分は政治学科にいたくせに政治学に詳しくないのでこういう言葉があるのか分かりませんが、そのような選択性のある全体主義を、ここでは選択的全体主義と呼びましょうか。ま、このエントリの中だけの言葉だと思ってください。
 会社なんかも、自分の言うところの選択的全体主義に近いものがあると思います。会社勤めの方は分かりやすいかもしれません。

 しかし、頭のいい人なら気付くはずです。応援したい動画を応援する。どれも応援できない場合には、自分が動画を作る・・・これって、間接民主主義じゃないか? というわけです。
 我々は選挙を通じて、限られた選択肢の中で一票を投じ、自分の権利をある一人に託す。しかしどうしても自分の権利を人に託せない場合には、自分自身が立候補する権利もあるというわけです。要するに、選択的全体主義というのは、裏から見れば、間接民主主義なんですね。ニコ動のシステムは、実に上手くできていると思います。落ち着くところに落ち着いた感じですね。

 ニコ動特有の、視聴者が作者を気遣って批判コメや議論コメを控える文化が気持ち悪いという意見も、正直よく分かります。けれども、それに対する回答はおそらく、よく言われる「不満があるなら動画を上げろ」であり、そこは現実の間接民主制と同じなのだと思います。
 自分は、あの直接民主制絶対主義の時代に戻りたくはありません。何より、この間接民主制は、たくさんの素晴らしい作品を世に送り出しています。心の荒む議論をするのが「成熟した個人」だとされてた時代から見れば天国です。私も正直、ニコ動の時代に大学生活を送りたかったですw

 ***

 以上の議論は、細かい部分をかなり簡略化してます。
 実際には、間違いの指摘や、要望を喜ぶうp主さんも沢山います。ただ、そういう「強い心」の持ち主でも、言い方や量によっては深く傷つくことがあるので、注意しないといけません。日本語の文章というのは、主張や批判をすると角が立つように出来てる部分があるので、これは難しい問題です。
 ただ、そういう気遣いに関しては、先述の姫路民さんも含めて色々な方が書かれているので、ここでは書きませんでした。

 他にも、実際にはニコ動で間接民主制が強制されているわけではなく、現実は直接・間接のハイブリッドで、両者の間を揺れ動くように行ったり来たりしているわけです。しかし、これも本論に入れると煩雑になりすぎるので省きました。
 そこらへんの事情も、汲み取っていただけると幸いです。

 では、以上です。
 おつかれさまでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

どうもはじめまして。
何気なく記事を読んでいたら自分の名前があって壮絶に吹いたw

私は自分の記事がどのように受け取られるかということは普段あまり考えないようにしているのですが、こういった「何か」を作成する契機となったということを、とても嬉しく思います。


「『ニコ動のシステム=選択的全体主義=間接民主主義』ではないか?」
という指摘は、とても興味深いです。

コメントやマイリスト登録は「面白かったらやる」という認識が一般的だと思いますが、それが人気の動画、ひいては「ニコニコ動画は面白い」というイメージを代表していくということは実際あるわけで、ニコ動の制作チームが当初からそういうシステムデザインを描いていたとすると、「やるなぁ」と言わざるを得ないと思います。
姫路民 | URL | 2009/08/12/Wed 19:58 [編集]
 おおっ! 本人さまですか! いらっしゃいませ~。

 自分は批判コメというより「無粋なコメ」が苦手なんで、自分のほうが苦手の範囲は大きいかもしれないですね。でもそんなことを動画に書いてもしょうがないので、最近はコメントは切り、「再生に合わせてスクロール」にチェックを入れて、コメントのタブを開いてます。何か弾幕のようなものが発生したら、画面の横のコメを見る感じですね。

 あと自分の文章の内容ですが・・・やはりまとまりきってないですね。もっと深く掘り下げてから書くべきだったのか、この思い付きがその程度の浅さのものだったのかはよく分かりませんが、とにかく、一通り読んでいただけたようで、それだけで感激ですw 長文書いてる時はテンション上がってるんですが、UPした後で後悔したりすることもありますからね。ありがとうございます。

 それでは~。
gase2 | URL | 2009/08/12/Wed 23:19 [編集]
面白く読ませていただきました。
日本人には2chよりニコ動の方が似合ってる感じがしますね。
村社会っぽいというか。
論より証拠っていうのが日本人らしいんでしょうかね。
cha73 | URL | 2009/08/15/Sat 02:04 [編集]
 cha73さん、こんにちは。読んでいただけて感謝感激です。

 村社会ですかw そういうと一気にイメージが下がる気もしますが、より的確な気もしますね。日本人は結局、大なり小なり「村」を作ることしか出来ないのではないか・・・と言った議論になっていくのかもしれません。
 でも、そうすうると近代以降の脱村社会志向の立場はちょっと危うくなりますね。村に縛られない、ノーマッド的な「成熟した個人」を礼賛するだけでなく、もっと村のよい面にも目を向けて、「よりよい村づくり」を目指したほうが、実は建設的なのかもしれません。

 ・・・なんてことを考えてしまいましたw コメント、ありがとうございました!
gase2 | URL | 2009/08/15/Sat 11:52 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。