iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリは誰が為に
 えー、糸冬Pがまた問題発言っぽいことを・・・w

>当時は随分と悩み、「紹介系ブログといっても動員力はさっぱりだな!」などと逆ギレしていたのも懐かしい記憶です。

 いやあ、正直すぎるんですねこの人はw これを読んで、また怒る人もいそうです。自分は思いっきり笑いましたけどw
 あと件のOPですが、自分、今始めて見ましたw いや、OPってあの提供がつく一枚絵のことだと、今の今まで思ってましたw サーセンw

 以下、長いので格納します。
 ***

 まあウチも多分紹介系ブログなんですが、普段のHIT数は日に11?19くらいです。twitterや爽快Pのブログでリンクを貼ってもらえるとHIT数が伸びて、最大で71まで行ったことがありますが、その程度です。架空戦記だと再生数1000前後で中堅ですから、このブログに動員効果はまずないと思います。
 一方で、訪問者の足跡を調べてみると、有名なPが来訪してくれることがたまにあって、身の引き締まる思いをすることがあります。おそらく当ブログの訪問者の半数くらいは、ブロガーか動画のうp主さんなのではないでしょうか。一般の人は、一見る専の紹介系ブログなど見ないのだと思います。爽快Pのように、ストイックに紹介に徹している所はまた別だと思いますが、ウチのような日記系は特にダメでしょうね。

 そんなこんなで、悲しいかな、自分は動員については全く考えていない、というか最初からあきらめてます。それよりコメントをくださったPやブロガー、あるいは見る専の方々を具体的に思い浮かべながら、その人たちに語りかけるつもりで書いてます。そうやって書いた記事が、たまたまリンクを貼ってもらえたりするのは、完全に「オマケ」だと思ってるわけですね。
 一方で自分が自分に禁じてるのが、陰口です。どうせ制作者が見てないと思って、好き勝手に書くのは我慢してます。公開寸前で、長文を全部消すこともあります。自分の感覚では、動画の制作者というのは、我々見る専が思ってる以上に、自分のことについて書かれた記事を知っているように思います。なので、動画を作った本人に見せても恥ずかしくないような記事を書くよう、いつも心がけてます。

 ただ、では本人を喜ばせるために「褒める」のかというと、そうでもありません。よく言われるのが、「褒める」は他動詞で、「喜ぶ」は自動詞だということです。つまり、相手に対して何か影響を与えたい場合に人は他人を「褒める」わけです。相手をやる気にさせたいとか、動画を作る気にさせたいとか・・・なにか目的があるわけですね。それに対して「喜ぶ」のは、誰のためでもなく、自分の心に正の感情が湧き起こったから、ただ一人で「喜ぶ」わけです。
 自分はこのブログで他人を褒めることはまずなく、基本的に、ただ一人で喜んでるだけです。なぜなら、自分は「褒める」という行動の裏にある、相手を自分より下に置こうとする心理があまり好きでないからです。子供の頭をなでる大人のように、他人を褒める時、人は(無意識にしろ)自分を相手より上に置いてしまうのです。それが嫌なんですね。辺境ブログの些細なプライドでもあります。

 何か話が大きくずれてしまいましたが、自分はそんな感じでやってます。日に十数HITの小さなブログですが、こんな感じで、続けられるだけ続けていきたいですね。

■8/19追記
 誤解があるかもしれないので一応書いておきますが、冒頭の糸冬Pのコメント、自分は糸冬Pらしいなあと思って笑ってしまったという意味で、何も悪意とかは感じてません。多分、糸冬Pも腹の中は真っ白です。なので、変に受け取らないでくださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。