iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラメキラリを能楽に出来なかった
 戯れにキラメキラリを能の振り付けでやってみたんですが、どうやっても上手く舞えないw ショートVer.もロングVer.もダメですねぇ。能の曲の展開と違いすぎるのかもしれません。仕事中妄想してる分には上手くイメージ出来てたんですが、実際やるとボロボロでした。まあ今までは、他人が作った型の通りやるだけでしたからね。自分で振り付けをするのがこんなに難しいとは思いませんでした。

 「iM@S架空戦記ウソPart1祭り」なんですが、なんか連載中のPのほうが元気ですねw もっと見る専の人が参加するイベントなのかと思ってました。また芥川龍之介ですが、こんな言葉があります。

 天才とは僅かに我々と一歩を隔てたもののことである。同時代は常にこの一歩の千里であることを理解しない。後代は又この千里の一歩であることに盲目である。同時代はその為に天才を殺した。後代は又その為に天才の前に香を焚いている。


 いちおう解説すると、同時代の人間というのは、天才を理解しないものだということを言っています。イエス・キリストのような天才を同時代の人々は理解できず、往々にして黙殺したり、殺したりしてしまうわけです。一方で、後の世の人々は、天才を「手の届かない存在」として神格化し、それに近づこうとする努力を放棄し、さらには天才に近づこうとする人々を「不遜」だとして攻撃するような権威主義者になってしまう。それを芥川は、「千里の一歩であることに盲目」「香を焚いている」と表現しているわけです。

 自分が思うに、アイマスのコミュニティは優しいです。自分のような一ブロガーですら、常に周囲の方々の優しさを感じてます。これは言っていいのか分かりませんが、動画を作る側の人々も、きっとこのコミュニティを暖かく感じているのではないでしょうか。
 しかし、こういう「優しい視聴者」は、時として動画作成者たちの前に「香を焚いて」しまいがちです。我々が感じるこの「千里」も、本当は「一歩」のはず。ですから私も含めて、この「一歩」を踏み出せる人が、今回のイベントで、一人でも多く出るといいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

>キラメキラリを能の振り付けでやってみた
すごく見たいんですけどwww


全然関係ないけど,能で思い出したので動画を貼り付けてみます
狂言のグルメレース‐ニコニコ動画(ββ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6234577

いけね,狂言だった
RDG(爽快) | URL | 2009/08/26/Wed 00:46 [編集]
 こんにちは~。

 >狂言のグルメレース
 ホントにこんなのどこから持ってくるんでしょうねw 有名な狂言師のものでもなさそうですし・・・。

 >すごく見たいんですけどwww
 え、ひょっとして動画ですか?w そうですねー動画にするにはまず紋付袴を買わないといけないんです。部活やめる時に借りてたものを先輩に返してしまったので・・・。中古で4万8千円らしいです。ま、多分買うんですけどねw 給料オワタ\(^o^)/
 もし本当にやるなら、お面は何にしましょうかねぇ・・・。能の面だと稽古用でも5万くらいしますし・・・。
gase2 | URL | 2009/08/26/Wed 19:22 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。