iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能楽復帰
 ほぼ一年ぶりに能習って来ました。感想は「やっぱり能は難しい!」w 細かい決まりごとがごっそり頭から抜け落ちてて、全然舞が先に進みませんでした。でも楽しかったですね。自分の「間違い」が「正しい」ものに改められていくのには、やはり抗い難い快感があります。
 もう何度も書いてますが、「正しさは魔物」という言葉は、自分にとって大きなテーマになりそうですね。「正しさ」を目指しつつ、「正しさ」にとらわれないことがおそらく重要なんだと思います。気をつけていきたい言葉ですね。

 腰痛Pも紹介されてますが、歯医者さんPの伊織と学ぶ歯医者さんはいいですよ。腰痛Pが紹介してくれなかったら一生見なかったであろうアイマス教養講座です。
 歯医者さんPも、初期の芸風はSevenSlotPの「ういぽセブン」すら想起させるほどの破綻系でした。文章がつながってなかったり、よく分からない場面転換があったり、初期の「世界IDOL大戦」にも似てます。が、こういうPが技術を身に付けて構成が上手くなると化けるんですね。今やノベマスとしても立派な面白さがあります。自分はこういうタイプのPがかなり好きなので、是非続けてほしいと思いますね。

 世界IDOL大戦といえば、この前?の第六話を見てから、「貴音×AMX30」のイラストが描きたくて仕方ありませんw が、私がpixivに上げてるイラストですら、一枚5?6時間は掛かりますからね。なかなか描けません。思い切って1?2日絵のためと割り切って捨てれば描けるんですが・・・。

 糸冬Pが自分の「伊織立志伝・幻戦記」の記事についてエントリで触れてくださいました。
 >それにしても記事だけを読んでいると、糸冬Pというのはどれほど凄いPなんだろうかと思いますね(笑
 の文章には盛大に笑わせてもらいましたw
 でも以前も書きましたが、私は糸冬Pを喜ばせたいから「褒めてる」わけではなく、「ここがすごい」「ここに感動した」と一人で「喜んでる」だけなわけです。全て、自分の心に浮かんだ正直な感想であり、お世辞ではありません。その点は誤解なきようお願いします。
 後編では幻戦記第十七回以降の展開とその意味について考えます。あまり大したことは書けませんが、自分はあの第十七回の冒頭について、「プロになるならこういうことやめたほうがいいよ」みたいな「アドバイス」を見るたびに頭に血が上るので、一言書かずにはいられませんw ま、中二病患者の戯言ですw あんまり期待はしないでください。

 今日は以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。