iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記
 tentenさんのブログ経由で知ったジョン・カビラP。面白いですねw Xepherは三回目のリメイクとのことですけど、自分はリメイク前のほうが面白いと思いますね。しかしこの人、頭の中どうなってんでしょうかw Nモリっちさんとか、いわゆる本当の意味でのMAD系の人はヤバイですね。

 ぃPの告知動画(?)はすごいですよ。これで面白いからすごい。再生時間にビビりましたが、会社でスキを見て無音で7分ほど見て、「これは面白そうだ」と思ったので帰宅してから視聴。あっという間の45分でした(EDは飛ばしました)。台詞は読みやすいんですが、小説にしたらすさまじい文章量になるようなところを、大胆に省略したり飛躍したりしていくところが、いかにも架空戦記系の「文章力」です。自分なんか小説を書くと地の文が長くなりやすいんで、こういう短い台詞だけでつないでいく作品には本当に惚れぼれします。
 あと視聴者が自分の文章の行間を埋めてくれることを完全に信頼してますね。視聴者がどんな作品に触れていて、どんな予備知識があるのかを大体分かった上で作っているわけです。なので、百年後の日本人が見ても意味不明かもしれませんが、今、この時代だからこその作品というものがあってもいいわけです。その儚さもまたよしですね。
 それから「ぃぷぇがうP」の動画は久々に見たんですが、この人、自分の記憶より遥かに文章が上手くなってて驚きました。いや、ジル歩の頃から文章は上手かったですけど、まさかここまでとは・・・。そして春香ドイツ、千早ソ連でIDOL大戦みたいになるのかと思いきや、まったくならないw 個性ってホントいいもんですね。

 最後に陽一Pのエントリはオチが秀逸でした。さすが物書き系Pですねw
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。