iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も今日とて
 仮面を付けた練習続けてます。少し慣れてきましたね。難しいことは難しいんですが、体重の掛け方とか姿勢とかは逆によく分かります。下手な体重の掛け方、高すぎる腰、そういうものですぐに姿勢がふらついてしまうんで、かえって矯正しやすいんですね。これはいい発見でした。慣れるまで当分続けていこうと思います。
 ちなみに今使ってる仮面、テレビで今日やってた時代劇で使われてましたw 「あ、俺のと同じだ」って感じでw 時代劇でも1600円のお面使うのかと思うと、ちょっとおかしくなりましたけどねw

 ランキングからはジョン・カビラPの「美希コミュ 2試合目」。今日はジョン・カビラPのマイリストで爆笑してたので、タイムリーでした。今のところ見た中で一番面白かったのは、やはり「ジョン・カビラプロデューサー アイドル紹介」ですね。高濃度なネタの詰め込みと字幕職人の簡潔かつ完全な説明センスに脱帽です。

 「smile/真・雪歩・春香」もいいですねー。イントロが特に素晴らしい。キラメキラリの速すぎる(ノーマルPVとしては失敗作に近い)ダンスを、さらに速くして使うことで疾走感を出すことに成功しています。キラメキラリのダンスを上手く使っている動画は初めて見ました。
 あと、歌詞の見せ方が上手いですね。自分は歌詞を動画内に表示する作品は基本的にあまり好きではありません。なんかテレビのテロップみたいで、うるさく感じることが多いんですね。作者の「この歌の意味はこうなんですよ、いい歌詞でしょう?」という押し付けがましさのようなものを感じることもあります。でも、この作品では文字をほとんど背景として扱うことで、逆に存在感を出しています。歌詞がこれくらいキャラに隠れてしまうと、逆に読みたくなるのが私のような人間なのでw 歌詞が単純に絵としても機能してますし、いいセンスですね。

 お茶Pの「Butterfly」は今日のアイマス動画の筆頭でした。途中の長いパウゼ(音楽停止)はやりすぎだと思いましたが、「こういうことが俺はやりたいんだ!」というその心意気に感動します。自分が作品を通じて感じたいのは「上手さ」よりも熱い想いですw
 基本的には白い光を浴びた春香さんが教会をバックに踊ってるだけなんですが、単純で抽象的なストーリーをなぞっていくので退屈しません。どちらかというと静止画の美しさに近い、独特の映像も見事です。

 今日は以上ですね。
 では。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。