iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダラ?
 ダラダラしてしまいました。やっぱ家にいるとダメですねw ニコ動ばっかり見てしまいます。

 「ラヂオの時間」第4幕。いやーアイマスカテゴリがあると25位ですか。これはやっぱり結構いいことのような気もするんですがどうでしょうか。意外と心配してたようなことにはなってない気がします。まあ今日もデイリー1位はあの動画ですがw
 これは私だけの感想かもしれませんが、全然流れがよくなってます。第1幕の頃のもどかしさというか、流れの重さというか、そういうものが減った感じです。でもそれは個性が減ったのかもしれず、100%いい事とは言い切れないのが視聴者の無責任なところなんですが、自分は読むのが本当に楽になりました。文章のテンポを若干早くしたんでしょうか。自分が雰囲気に慣れただけかもしれませんがw
 ドット提供のにぎりがくさいPがブログでいつだったか、「ドット絵で遊びすぎて流れが悪くなったかもしれないから気を付けたい」というようなことを言ってたので、そういうチームワークもあって、流れがよくなったのかもしれませんね。ヘルメットがよかったですよね。春香が机に置いたので「もうリレーは終わりか」と思わせといて、ハンマーとw しかも消える時にキャラ死亡のボイスがw なんでやねんって感じで面白かったです。
 しかし丁寧な作品です。架空戦記でも、丁寧な人の作品と言うのは、なぜか立ち絵まで綺麗に見えるんですが、気のせい・・・なんでしょうなあw

 では、今日は以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

ブログはちょくちょく見てましたが、お初にお目にかかります。

ラヂオですが、
むしろ自分は遊びたい衝動が日増しに高まるのですが、
そこの所を爽快Pが抑えている感じです。

そうか、PVに限らずノベルでもテンポは大事ですよね。
にぎりがくさいP | URL | 2009/11/04/Wed 00:00 [編集]
毎度,感想ありがとうございます.そして広告も.
見てくれている人がいるというのが
目に見えて分かるというのは嬉しいのです.

> 全然流れがよくなってます
おー! やたー!!
当初は舞台劇の空気をそのまま押し込めようとしたんですけど,
それを動画として見るときには,テンポが違ったんでしょうね.
他のノベマスを見ながら,間合いの取り方を少し勉強してみました.
まだ勉強不足ですが,反映していきたいですね.

僕のアイデアだけだと遊びが不足するので,
にぎPから注入されるアイデアが動画に楽しさを増してくれています.

第4幕を上げたので,あの記事への返答エントリを書かせてもらいますね.
RDG(爽快) | URL | 2009/11/04/Wed 00:43 [編集]
■にぎりがくさいPへ

 はじめまして! コメントありがとうございます。ニコ動最高のドット絵師の一人とお話できて光栄ですw 私もブログ見させてもらってます。ちょいちょい公開される小さなドットを見るたびに心が豊かになりますね。ドット絵師は国の宝ですw

 遊びたい衝動ですか。私が感想書く上で気を使ってしまうのはそこですね・・・確かに自分にはよくなってるように見えるんですが、それで作成者の方々の「遊び」を封じてしまうのはどうなんだと。ニコマスPが動画作成について語る時、「遊び」という言葉がよく出てきますしね。自分にとってMAD製作が「遊び」でなくなったという理由で、ニコマスを去る方もいます。それに、にぎりがくさいPといえば「団結」で遊び心を炸裂させて多くの人の心をつかんだわけですから、あんまり自分の言うことに囚われないでくださいねw ただ、自分には今の状態がかなりバランス取れてきたように見えただけです。ひょっとしたらお二人が遊びまくってはっちゃけまくってバランスが取れることがあるのかもしれないし・・・まあ、感想なんてそんなもんですw

 テンポは自分にとってかなり重要ですね。個人的な話ですが、自分はPVも架空戦記も肉感的にとらえてる気がすることがあります。PV=感覚、ノベマス=理性、という区分けが結構曖昧で、文学的にPVを深読みしたり、ノベマスを文章という「意味」が流れてくPVのように見てたりします。自分にとっていいノベマスというのは、「文章が流れていくのが快感な動画」かもしれません。ま、個人的な意見です。

 「牧歌的な架空戦記」も密かに期待してますw 素晴らしい表現技術を持ってらっしゃるわけですから、これからも色んなことに挑戦してくださると嬉しいです。

 では! 長文失礼しました。
gase2 | URL | 2009/11/05/Thu 02:19 [編集]
■爽快Pへ

 いやー、なんか・・・ねw 爽快Pのコメ読ませてもらってると、いっつも不思議な気持ちがするんですよ。なーんかこっちの心が見透かされてるような・・・w これ俺の劣等感か何かなのかな~w
 まあ、爽快Pは精神的に強い方なんで、そこを信頼して正直に言わせてもらうと、第1幕を見た時は、すごく迷いました。何もかもが高いレベルで、まとまってる。でも、結晶化してしまってるというか、評論家様が好きな言葉で言えば、「奥行きがない」とか「深みがない」とかになるんでしょうが、とにかく小さくまとまりすぎてる気がしました。自分は庭上げPとかが好きなので、ある程度「壊れてる」人を好むというのがあるんですが、それにしても、第一作の第一話からこれでいいのかと。あまりに悪い意味で上手すぎないかと。役者でも作家でも、最初から上手すぎる人って、伸びないわけです。芥川賞作家が大成しないように・・・。それですごく心配だったわけですね。
 でも「もっと自由に」「もっと大胆に」というテンプレも違うと思いました。実際、にぎPがドットで暴れても、それはそこだけが面白くて、全体に今ひとつ寄与しない。じゃあどうすればいいのかというのは相変わらずただの視聴者だから分からないわけですが、一見固まりすぎててこれ以上成長したり、面白くなる要素がなさそうなこの作品だけれども、一方で、自分には見えない「何か」を持ってる気がする。そしてそれが、この動画を見続けていけば、分かるかもしれない。そんな風に思ったんで、この動画を見続ける決心をしたわけです。
 で、驚いたことに、自分にとってですが、この動画はどんどん面白くなってます。自分の心の中にあった「この動画は(内容的に)伸びないかもしれない」という心配を打ち破ってもらえたんで、気持ちがいいですねw でも、表面的なもの、画像とか音楽とか、画面構成とか文章表現とか、キャラ造形とか基本的な雰囲気とか、そういうものは全く変わってないわけで、おそらく非常に分かりにくい「何か」が変わってるんだと思います。まあ、自分のように「明らかに面白くなってきた」と思ってる人自体が少ないかもしれませんが、自分はこの動画が変化を続けているように見えますね。
 まあ、こういうことは動画が完結してから言ったほうがいいのかもしれませんが、それだと「俺はこの動画が伸びるのを知ってたぜ」と後付けで言うようで嫌なので、今のうちに書いておきますw 失礼な話ですいません。ただ、こんなふうに最初からまとまった作品を出して、その上でジリジリと自分で限界を押し広げるように成長する人って、珍しいですよw 最初から上手い人って、大抵、変な方向行くか、一生そのままな人が多いですからね。本当に、爽快Pは自分から見てて面白い人です。

 何の話だかさっぱり分からなくなってしまいましたw ま、上手く行ってると思いますw この動画独特の空気みたいなものは、最新作でも失われていないので、今のところは、何かを得て何かを失う状態ではないと思います。是非、信じた方向に進んでみてください。あと六話前後ですか。爽快Pがどこまで行けるか楽しみですw

 では!
gase2 | URL | 2009/11/05/Thu 03:38 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。