iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界IDOL大戦? 怒涛の三連続更新
 今日からお休みです。いっぱい時間はあったんですが、三連続UPされたIDOL大戦?を何回も(多分一話につき5?6回)見て、合間に巡回先のブログをチェックしたり、アイマスカテゴリのランキングを一通り見たりしてたら一日終わりましたw 働いてないと、なんとも非生産的な行動で一日が終わりますねw

 庭上げP
 

 第一弾は、第九話前編。1:26のH.ハルコールの制服姿はいいですなー。アイマスキャラの中で最も制服が似合うキャラ、春香さんw 「人は制服通りの人間になる」とはナポレオンの言葉ですが、どの制服にも似合う無k・・・いやいや、適応力、親和性、汎用性が高いんでしょうなw
 しかしFPSはCOD2の製品版と、COD4の体験版しかしたことがない(COD4製品版は買ったけど自分のパソでは重すぎた)ので、FPSネタは最初しか分かりませんでしたね。なので最初見た時は「???」って感じで最後終わってしまいました。ここら辺は軍オタでないので、最後まで付いて行けない感じです。

 

 というわけで、久々のIDOL大戦を満喫しつつも、読了感は今ひとつだった第九話前編ですが、後編は死ぬほど笑いましたw 政治ネタ中心だったので、分かりやすかったんでしょうね。なんといってもアメリカネタが面白すぎるw 庭上げPはアメリカの風刺をオハコにしてますが、今回が今までで一番な気もします。ブログでも書いてらっしゃいますが、元ネタはオバマ大統領ですねw オバマ大統領は、平和賞の連絡を受けた時も困ったと思うんですが、授賞式であの演説をやらざるを得ないというのも、アメリカの現実なんだなという感じですね。
 しかし、こっちはロナルド・ミッキーガン(レーガン)大統領。「強いアメリカ」を標榜する、バリバリの新自由主義者ですw あ、ちなみに自分は「新自由主義=悪」という考え方もおかしいと思う人です。『資本主義と自由』なんか読んでみると分かりますが、世間で言われてるのから想像するより、ずっとまともなこと言ってます。ただ、それを無批判にそのまんま現実世界で実行することに問題があるだけで。それは社会主義の「弱者救済」も同じでしょう。
 あずささんの「そろそろ戦争の季節ですね」も酷いw まあ事実なんですがw アメリカって戦争するたびに経済が復活してる気もするし・・・なんでなんでしょうね。単純に考えて、現代の戦争というのは、政府支出が増えるばかりだし、その行動で被侵攻国から富を奪えるものでもなく、あまり儲からないはずなんですが・・・やっぱり民需が増えて景気が上がるんでしょうか。戦争が最大の「公共事業」だなんて、信じたくないですね。
 美希の「平和は義務を必要とし、犠牲を伴なう」という言葉も、その義務とか犠牲とかって、被侵攻国のものっすよねw まあ、ホント酷い国ですw ただコメにも書いたんですが、アメリカの偉いところは、不都合な事実を書いた文書も、ちゃんと残すことです。日本の場合、終戦と共にものすごい量の資料が焼かれてしまって、我々次の世代があの時代を研究するのに障害になってますからね。まああの時代の考え方では仕方のないことなんですが、次からは残してほしいものです。
 東京の「同時多発テロ」も笑いましたねw こうして突然時代背景がぶっ飛ぶのも庭上げPの味でしょう。厳格に考えれば当然おかしいのですが、アイドルが色んな国に顔を出す架空戦記なので、これもアリなんでしょう。このあたりはネタも錯綜しており、もう何がなんだか、どこをどう突っ込んだらいいのかよく分からなくなってますが、このカオスさが庭上げPらしくていいですね。小ネタで圧倒的な弾幕を形成する腰痛Pのあねぴよとも、早いテンポでネタを連鎖状につないでいくサザエPのエチ春とも違います。
 あとは滝沢絵里、後藤田玲子の扱いが、IDOL大戦?ではなかったシリアス系で(庭上げPの作風を追っている者として)面白かったです。ギャグの谷間にひっそりと置かれているので、わずかの台詞でも何か異彩を放ちますね。今回また見直してしまった戦争編予告でもこういった雰囲気は出ていて、?を始めたことによる新境地でしょう。



 第三弾は、第十話。庭上げPが「ギャグ少なめ」と言って少なかった試しはなくて、いつも通りの通常営業ですw しかし戦争のBGMはショスタコの5?4で、戦争編予告の「新世界」と対になってるかのような新演出ですね。しかもこれがなかなか熱いw 映画の動画を流しながら、というのは今までもあったんですが、ゲームの画面をここまで使って戦況を演出というのは、今までIDOL大戦でありましたかね。自分にはちょっと思い出せないんですが、ゲーム画面を重視する架空戦記だと、今度は実況プレイみたいになるものも多いので、こんな感じで盛り上げてくれるのはいいですね。ゲームカテゴリから隔離されて、リアルタイムのゲーム画面を見たのがITWくらいだったので、結構新鮮でした。
 あと8:13のE.ハルカッカーの制服が似合いすぎw 西も似合うけど東のほうは完全にこういう「キャラ」になってますw 共産主義者のはずなのに、どうみても国家社会主義ドイツ労働者党党首の春閣下にそっくり・・・って、どっちも全体主義だから一緒かw それからS.ゴルマコフもカワイイっすねー。画像をいじってコツコツアイドルに制服を着せ続けた成果が出てますw 動画のホバークラフトはズーブル型というやつでしょうか。これ、初見ではトンデモ兵器だと思ってたんですが、戦車3両を積んで時速113kmで海上を移動できるというんですから、近海で使われるとかなり嫌らしいですね。中国がウクライナから1隻50憶円で4隻買ったという情報もあります。中国がこれを使える相手は台湾とベトナムしかないので、おそらく台湾用でしょう。台湾海峡は最短で131kmしかありませんからね(ズーブル型の航続距離は540km)。しかも台湾は、油田の存在が確認された南沙諸島の領有権をめぐって、フィリピン政府と対立しています。台湾軍は質・量ともにかなりのものですが、沖縄から米軍が撤退してしまうと、周辺諸国に中国と戦争になってでも台湾を守りたいという国は一つもないので、完全に孤立無援です。我が国に出来るのは「遺憾の意」くらいしかありません。こうしてみると、フィリピンに米軍がいた意味とか、「世界の警察」アメリカの存在意義とか、多少は分かる気がしますw かの国が「正義」を振り回してくれるおかげで、助かっている国もあるということですね。ほんと、軍事やら外交やらというのは難しい。
 
 さて、そんなわけで色んな事を調べたり、考えたりさせられた怒涛の三連投でしたw やっぱり面白かったですね。
 あと、タグで検索してたら、IDOL大戦?の方も、結構コメが新しく付いてますね。どこかでこのシリーズに出会って、IDOL大戦?の方にも追いついてくれたらと思います。

 ***

 では、随分長くなってしまいましたが、今日は以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

COD4買われましたか、自分も銃器にはくわしくないのですが、調べれば調べるほど、逸話が多くてほんとに助かりました。FPSは日本ではあんまり人気がないのでやりすぎたかもしれませんね。すいません。

ノーベル平和賞の演説にひっくり返り、愛国者法に仰天したのですが、政治色をうするめるために、あずささんに歌っていただきましたwロバート・レッドフォードの「大いなる陰謀」など見ると、リベラル派がきちんと反省するのですが、何度も繰り返しているのでいいかげんにしてほしいと思ってしまいます。

仰る通りで、どうも右も左も極端に振れすぐ悪だと結論してしまうような気がします。もう少し冷静に自分で考える必要を最近は感じます。

ゲーム画面での挑戦をしてみたのですが、後半やや情報過多だったように感じますので、注意しなくてはと思いました。制服はレベルが上がりませんが、まあパッと見がよければいいと思っております。

長文失礼しました。今年は本当にありがとうございました。それでは良いお年を。
庭上げP | URL | 2009/12/30/Wed 03:17 [編集]
アンちゃん、やりゃあできるじゃんよう。
ま、これでもとっときな。
( ・ω・)つ⑩
(あくまでチンピラ風に)
れぽうp | URL | 2009/12/30/Wed 16:31 [編集]
■庭上げPへ

 こんにちは。ウォッチリスト吹きましたよw なんで私を登録するんですかw 当分何もありませんよ~w
 COD4もやっぱり、ニコ動で実況見てから買いましたw 体験版だと割と動くんですが、なぜか製品版だとカクカクなんですよ。あれは困りました。でも実況動画があると、面白いゲームは沢山売れるけど、イマイチなゲームは買う前にダメさが分かってしまうので売れず、二極化が進んでしまうような気もしますね。逆に超ドマイナーなゲームは少なくとも存在が判明するので、実はプラスかなと思ったり。
 FPSは世界でとてつもなく売れてるし、実際面白いのに、情報鎖国というか、今ひとつ日本では知られていないし、広まりませんね。海外のゲームも日本のユーザーフレンドリーさを研究して、昔のような大雑把すぎてどうしようもないゲームは少なくなりました。チュートリアルの充実とか、もう一昔前の「アメゲー」じゃありませんよね。グラフィックも随分端正になって、バタ臭いアメコミ調のポリゴンも減ったように思います。
 あと、自分には元ネタが分からなかったというのは、これは難しい話ですね。いつもギリギリ分かってる感じだし、調べて分かるものもあり、その「追いつけてる感」がいいわけですが、なぜかあそこは「置いていかれた」と感じてしまいましたw でも「みんなが分かること」をネタにしようと思っても、そんなもの、多分どこにもないんでしょうね。それをやろうとすると、テレビみたいになっちゃうんでしょうしw

 あずささんの歌というのは「God Bless America」ですか?w 彼女もすっかり、この曲に溶け込んでしまいましたね。コメにも書かれてましたが、4:22の「そういえば、そろそろ戦争の季節ですね」の時の表情が最高ですねw 以前、顔グラで台詞が浮かぶという話をブログでしてらっしゃいましたが、まさにこれかなと思いました。いや、今回そうしたかという意味ではなくて、キャラの表情を活かすのが上手いんですよw

 ゲーム画面ですが、私は良かったと思いますよ。テンション上がりましたしw ただストラテジックコマンドのほうは、分かりにくかった人もいるみたいですね。後ろのゲーム画面で何が起こってるのかは、二回目で分かりましたw あ、これ戦ってたんだなとw でもそういうゲームですしね。あれをいちいち説明するのも難しそうです。
 
 あと、制服は上手くなってる気がするんですが気のせいですか?w みんな可愛く見えることが増えたような気がします。正直言って、グラ改変も最初はかなり無理やりだなあと思ってましたが、それももう、昔の話ですね。記事でも書きましたが、E.ハルカッカーとS.ゴルマコフがお気に入りです。もう出番がないのかとの声がコメでもあったラミキー艦長ともども、これからも出番を与えてやってくださいw

 では、こちらこそ、ブログ始めてから楽しい数カ月間をありがとうございました。これからもよろしくお願いします!
gase2 | URL | 2009/12/31/Thu 00:16 [編集]
■れぽうpさんへ

 あ、ありがとうごぜぇやすw よし、あと2円あればやよいさんに・・・。
 兄貴ィ、これからもよろしくお願いしやすw
gase2 | URL | 2009/12/31/Thu 00:18 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。