iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

い、いかん・・・
 ハッ! また気が付いたらその場のノリで長い記事書いてるw
 なんだよ?この記事。ラブレターみたいになってるぞw
 ダメだなー俺。ブログ始めてから自我が漏れ漏れだ。

 pixivのリヨさんの漫画見てて思ったんだけど、やっぱIDOL大戦って言ったら「はるちは」ですよね。大百科のコメの方も言ってらしたし。
 なので「はるちは」やりたいんだけど、意外と絵にするの難しいんですよね?。やっぱり「千早ちゃんのばかあ?・・・ぺちん」をやりたいんだけど、一枚の静止画にすると案外決まらない。

 あと仏蘭西救国記の絵は、タニシPが結構服装を細かく見てらしたので、IDOL大戦の絵も、しっかり資料を揃えていきたい。 
 ので、資料用に「ヒトラー最期の12日間」の購入を検討中。でもヒトラーって、部下には中二病炸裂のカッコイイ軍服着せるくせに、自分は結構質素な服装なんですよね。ベジタリアンだし。勲章もほとんどつけないし。実際どんな人だったんだろうか・・・。

 では。おやす?。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

No title
どうも~、著作権の記事、読んでコメ書いてたら増えてましたね。
最終話は、ほんとにうまくまとめられたなと思いますね。ヘタリアのおかげですw
「はるちは」のおかげもあります。感慨深いです。

ヒトラー最期の12日間は、ヒトラーそのものよりも、戦争に負けるというのはこういうことだ。という感じの映画ですね。ノーカット版もあるので、まずはレンタルで。
それでは。
庭上げP | URL | 2009/06/30/Tue 03:16 [編集]
No title
 こんにちは~。

 やっぱレンタルからですか。まあ、一応いくつかのヒトラーのアップはネット上にあるんで、どうせ240円くらいだし、まずは借りてみることにします。
 ただ、普通の戦争映画だと、DVDでもあんまり細かい部分が見えないんですよね。結局階級章とかはネット頼りなんで。フランス関係は資料が少なくて、結局ごまかすしかなかったし・・・。
 「ヒトラー~」は室内のシーンが多そうなので、細部まで見えるのではないかと期待していますw
gase2 | URL | 2009/06/30/Tue 16:53 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。