iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界IDOL大戦?単語ノート 第五話後編
世界IDOL大戦?には、軍事に疎い人には分かりにくい単語も出てきます。
このカテゴリでは、同じく軍事に疎い私が、ネットで単語の意味を調べた結果をまとめていきます。
みなさんのお役に立てれば幸いです。

今日は、第五話後編から行こうと思います。

■SLBM
 潜水艦搭載の弾道ミサイルのこと。基本的には核ミサイルだと思って差し支えない。

■バッフルクリアー
 海中では視界が悪いため、ソナーと呼ばれる超音波を使って物体の位置や大きさを調べることはご存知の通り。
 しかしソナーは「音」を使って調べるため、潜水艦の後方は、スクリュー音にかき消されて調べることができない。このことを「バッフル」と呼ぶ。
 そこで、バッフルに邪魔されずに、後方に何があるかを確認する行動を、「バッフルクリアー」と呼ぶ。
 具体的には、スクリューを一旦止める、後述する「クレイジーイワン」を行う、などが挙げられる。

■クレイジーイワン
 主にソ連の潜水艦が使った、バッフルクリアーのための行動。
 具体的には、180度急速に回頭し、後方に物体がないか確認する。
 ただし「クレイジー」の名の通り、危険を伴う行動である。なぜならば本当に背後に敵潜水艦がいた場合、衝突の危険性があるからである。
 ちなみに現在では牽引式のソナーが登場したため、背後の状況もかなり分かるようになり、「クレイジーイワン」のような行動を取る必要はなくなった。

■ウォーモンガー
 戦争挑発屋。戦争大好き人間。
 要するに、何かあるとは「戦争だ!」「戦争するしかない!」と騒ぎ立てる連中のこと。

■モスボール
 本来の意味は、洋服を保存するための防カビ剤のこと。
 転じて、使わない戦艦等を長期間保存することを指す。
 具体的には、砲口部などの穴が開いた部分を全て塞ぎ、中に窒素ガスを充満させるなどして、経年劣化を最小限にとどめようとすること。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。