iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訴訟戦術
 著作権絡みで訴えられたらその時点で負け、という例を一つ。
 ***

 弁護士への依頼料は、300万円以上3000万円以下の場合、大体、手付金で5%、勝訴の成功報酬が10%くらいです。
 すると、どこかの団体に1000万円払えといって訴えられた場合は、次のようになります。

 敗訴 弁護士への手付金50万円 + 損害賠償1000万円 = 1050万円
 勝訴 弁護士への手付金50万円 + 弁護士への成功報酬100万円 = 150万円

 結局、訴えられたほうは、勝っても負けても支出があるんですね。違法ダウンロードは「故意の証明が難しい」などと言われていますが、これでは訴えられた時点で最低150万円の支出があるので、実際には負けたも同然です。しかも弁護士費用というのは、たとえ裁判に勝っても、訴訟費用として相手に請求できません。ギャンブルは胴元が一番儲かるというのは有名な話ですが、こういう法律になって一番儲かるのは、何を隠そう弁護士なわけです。よくJASRACなどに呼ばれて、有名な弁護士が一同に介し、「著作権を守れ」などとやっていますが、その裏はこういうことだったんですね。

 あと改正著作権法下では、管理団体がどこまでやるかが問題です。正直な感想を言うと、改正著作権法である程度JASRACなんかが暴れてくれたほうがまだ助かります。一番怖いのは、諸団体が改正著作権法下で何も行動を起こさず、散々放置しておいてから、「法律を強化したのに、やっぱり違法ダウンロードが減らないじゃないか」と言い出して、刑事罰を作ったり、非親告罪化したりすることです。法律を強化するだけでは、そのうち違法ダウンロードの状況は元に戻ってしまうというデータが、既にスウェーデンで出ています。実際に訴えまくって侵害者たちを血祭りに上げないと、違法ダウンロードは減らないわけです。しかし、だからこそ、どんなに強力な法律を作っても、権利者たちが何もしなければ違法ダウンロードは減らないので、わざ動きを取らないという戦術がありえます。法律を強化するだけで、権利者は実際にその権利を使って訴えることを控えるわけです。そうすると法律の制定当初はアナウンス効果で違法ダウンロードが激減しますが、やがて元に戻るので、そこでまた「やっぱり違法ダウンロードが減らないじゃないか。もっと法律を強化せねば・・・」と言って、どんどん法律だけ強化していく。そして十分に法律が強化されてから、おもむろに訴訟を始めるわけです。まあ、その頃には著作権等侵害罪が非親告罪化していると思いますが・・・。JASRACなどがそこまで狡猾だと信じたくはないのですが、あらゆる可能性は、考慮しておくべきです。

 著作権の強化については、先進国では各国とも自国民による反対の声に苦戦しているので、「ポリシーロンダリング」という手法を試みています。これは条約の効力を悪用したもので、実は条約は国内法に優先する(憲法以外による制約を受けない)ので、強力に著作権を保護する条約を先進国同士が結んでしまえば、各国のバラバラな著作権法が、一気に全部強力なものに「上書き」されるのです(!)。当然、条約の批准には議会の過半数の同意が必要ですが、条約には「もうあの国も批准してるよ」という「バスに乗り遅れるな」効果があるので、各国はこれに期待してるんですね。日本でもよく「アメリカでは既に・・・」などというフレーズを耳にしますが、そういう横並び意識は、程度の差こそあれどの国にもあるわけで、それを利用しようという魂胆なんですね。まあ、こんな裏技が行われていること自体、いかに各国の政府がコンテンツ業界から圧力を受けているのかを如実に表しています。あまり報道はされませんが、裏では「海賊版対策」を名目に、そういうことが着々と進んでいるようです。皆さんも自分の身は自分で守りましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

ただ、罰則など実効的な効果(罰)を与えるには対応する国内法が必要ですよね。
れぽうp | URL | 2010/01/20/Wed 20:13 [編集]
 れぽうp、こんにちは! 会社から失礼しますw
 コメントでお答えしようと思ったんですが長くなりすぎたので、後日エントリとして上げます。
 ポイントは以下の通りです。

 1.損害賠償などは、条約に直接基づいて請求することが可能です。民法上の不法行為として扱われます。国内法は必ずしも必要ありません。ただし条約がある程度明確に権利を認めているなど、一定の制限があります。
 2.懲役などの刑事罰を定めることは、理論的には可能ですが、現実的には不可能です。
 3.刑事罰が難しいので、「スリーストライク制」などの行政上の強制執行を条約で義務付けようという動きがあります。
 4.条約で国内法の制定を義務付けられているのに、国会が長期に渡ってこれを無視する場合は、憲法違反になります。

 こんなところでしょうか。もうすぐ完成しますので、すぐUPしますね。
gase2 | URL | 2010/01/21/Thu 12:41 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。