iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠れる獅子は目を覚ますのか?
ニコ動で今、かつてないMADの大量削除が行われているようです。
大量削除というより「徹底削除」と言ったほうがいいかもしれません。

大百科の記事はこちら

これについて、自分の感想をまとめてみます。
長いうえに政治的なので閉じます。
 まず、削除ですが、基本的には当然です。まだ当ブログのコーナー「著作権法豆知識」には登場していませんが、ほぼ全てのMADは、人格権あるいは財産権のどちらか、あるいは両方を明確に侵害しています。そしてそのようなMADがニコ動上に存在できるのは、ひとえに、権利者たちの「見逃し」によります。
 この「見逃し」を、温情と勘違いしている人がたまにいます。「俺たちがこのMADを見ることが出来るのは、○○社が見逃してくれているからだ。ありがたや」というわけです。
 けれども、そのような認識は甘いということが、今回の削除で分かってもらえると思います。権利者が指先一つ動かせば、世界は終わるのです。そのような不安定な地盤の上に、MADを置いておいていいのでしょうか? MADというのは、そのように、権利者の意志一つで抹殺できるほど、価値のないゴミなのでしょうか?

 まあ、このような現象は、現行法上は、どうしようもないことです。問題は、その後のニコ民の行動です。
 考えられる建設的な行動は、二つあります。

 一つは、もうテレビを初めとした旧メディアの動画や音楽、キャラクターに頼るのをやめて、全てをゼロから、ネット上で作っていく方向に変えることです。
 これが、既存のメディア、商業ベースで動いている人たちにとっては、一番痛いでしょう。ネット世界で、彼ら商業クリエイターの作品は、存在しないことになるからです。
 一見すると、この方法が、一番「建設的」に見えるかもしれません。

 ただ、私はこの方法をあまり支持しません。素晴らしいことだとは思うのですが、それでは、ニコ動を初めとした、ネット上で花開いた、数多の二次創作作品の価値を否定することになるからです。
 そこでもう一つの方法があります。

 それは、著作権法そのものを疑うことです。
 「法律」というと、多くの人は、絶対的で、偉い人が決めたのだから従うべきものであると、盲目的に信じています。
 しかし、著作権法の歴史をひもといてみると、「権利者」の側の要求を一方的に受け入れ、ひたすら権利者の権利拡大を図ってきた金儲けのための法律であることが分かります。要するに、権利者は「俺たちは法律にのっとって行動してるだけ」と言いますが、その法律を作ったのは、他でもない、その権利者たちなのです。
 そんな法律に従うことが、本当に善でしょうか。一歩譲って法律は法律だからしかたがないとしても、そんな金儲けのための道具のような法律を、今のまま放置しておいて、本当にいいのでしょうか。金儲けのために作られたルールを、非商用の創作にまで押し付けられることに、違和感を感じないのでしょうか
 今こそ、著作権法のあり方について、議論がなされるべきだと思うのです。
 
 私に提案出来ることとしては、「非商用目的かつ、著作権者の経済的利益、あるいは人格的利益を損なわないもの」は侵害とはならない、という明文規定を作る・・・などの、誰でも考え付くようなものです。
 しかし、一般的な議論を見ていると、やはり、多くの人の頭には、「著作権侵害=悪」であり、悪いのは自分たちである、という権利者たちの洗脳から抜けきれていない部分を感じてしまいます。
 今こそ議論です。
 そして、その前に、勉強です
 まずは著作権について知っていただきたい。
 そして、これからの著作権法はどうあるべきか、みなさん一人ひとりが、考えてみてほしいのです。

 しかし、暗い〆になってしまいますが、そこまで行くには、まだまだ「ショック」が足りないかもな、というのが私の個人的な見解です。
 民衆が立ち上がるまでには、本当に、インターネットを構成する一人ひとりが、ギリギリまで追い詰められなければならないのかもしれません。
 そして、最悪の場合は、みんなが覚醒するほどの「ショック」がないまま、「敗戦」まで行ってしまうのではないか・・・と私は予想しています。
 日本という国は、「敗戦」や「黒船」がなければ、変われない国なのかもしれません。
 
 しかし、著作権法がもたらす暗黒時代を回避するのは、我々の意志かもしれません。
 今は、すこしずつでいいから、いろんなことを覚えていきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。