iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アイドルマスター】プレシデンテ春香のトロピコ建国日記第11回
 ヨーゼフP
 

 あー面白かった。・・・これでいいっすか?w このシリーズもあねぴよ同様、もうあんまり書くこともないですねw ほとんど芸風も完成しているし、後は頑張ってそのまま続けてくださいと言えば、それで終わってしまうw
 冒頭の小鳥さんは、やっぱりIDOL大戦を思い出してしまいますね。なんで私は小鳥さんの前口上がこんなに好きなんでしょうかw 三回繰り返す台詞も上手い。このシリーズの小鳥さんもまた、個性のある雰囲気を持ってます。まあ、「アイマスなんて分からん」という人から見ると、架空戦記というのは似たような絵が並んでるばっかりで、どれも同じに見えるかもしれませんが、この、作品ごとに異なるキャラの微妙な差が、作者の個性ってもんですよ。これを楽しまなきゃw おそらく「クリエイティブ」な度合いで比べると、ボカロ>東方>アイマスだと思います。前二者は特に公式の画像素材がほとんどないので、手描きやなんかが発達して、表の世界(「オリジナリティ」を尊ぶ世界)でも評価されやすいと思います。が、アイマスは公式の素材を加工して使うものが多く、一番形式的な拘束が強いジャンルです。そうすると個性は手描きの絵や自作の音楽で直接表されることが少なくなり、動画の加工や、音の加工(リミックス、マッシュアップなど)で提示されることになります。でも私は能なんかを習ってることもあって、形式が強いからこそ、アイマスに一番魅力を感じます。強い形式を跳ね返し、わずかにうっすらと表面に浮かび上がってくる個性の上澄みだけを堪能できるからです。
 ヨーゼフPも、キャラの操作はかなり上手いんですが、結構キャラ一人一人の味付けは薄いというか、あっさりしてます。では他の淡白な表現の架空戦記P、糸冬P爽快Pと似てるかというと、似てるどころか住んでる世界が違うわけです。いそっちPともかわづPとも違うでしょう。それを「当たり前」という人もいるかもしれませんが、私にほとんどのボカロの曲が似たようなものに聞こえるのと同様、分からない人には全く分からないでしょう。皆さんは音楽を聴く時、誰が歌っているのかをとても気にするのに、能を見せられた時は、誰が舞っているか、謡っているかを問題にせず、「能って眠たいな」と一括りにしますよね?w あれと一緒ですw 形式が強い分野ほど一見全部同じか、似たようなものに見えるので、愛好者は減る傾向にありますが、いざ違いが分かってくると、えも言われぬ世界が広がっているわけです。
 ただ、アイマスはその「形式」に対するこだわりが強い人が多いので、歪氏の貴音捏造グラにすら「この絵全然似てないから嫌い」などといってアンチが付きますw 東方で同じこと言う人いますか?w まず「似てない」という文句を聞かないでしょう。東方はもう、服装や髪型だけが記号として形式化してますから、顔なんてどう描こうがほとんど自由です。でも、アイマスだと公式グラと並べないといけないので、こういうケチが付くんですね。じゃあ歪氏の貴音グラなんてなかったほうが良かったのかというと、彼の捏造貴音がなかったら、「あねぴよ」で大人気の貴音は生まれてなかったかもしれない。「アイドル寮空室あり!」の貴音も同じ。こちらはすっきりぽんP本人が「CV千葉繁」と呼んでるくらいですw それくらい、原作の貴音とは違う。でもこの二人の貴音よりも魅力的なノベマスの貴音は、そうそういません。しかし「じゃあ面白ければ何でもいいのか?」と言われると、苦しいところです。まあ、この問題については、今日のところは深入りは避けましょう。
 あと、今回は立ち絵の移動が上手かったですね。ただ動かしてるのではなくて、それが面白さ(脱獄のシーン)や、分かりやすさ(矢印が伸びるなど)につながってるのが素晴らしい。1:49からの檻なんかも面白いですね。先日の「アイドルたちがネットゲームはじめました」の、グリグリ動かす感じを思い出します。なんか、今こういうの流行ってますねw

 今回の動画はとても時間を短く感じたので、二回見てしまいました。千早が若干キャラがふわふわして定まらないような印象を受けましたが、もう一度見直してみると、ほとんどのキャラがそんな感じでしたw だから「薄味」と書いたんですが、これが個性なのか、これからもうちょっと変わるのかは、気になるところですね。芸風はほとんど固まってるようにも見えるんですが、彼には素晴らしい才能を感じるので、庭上げPのように、最終回近くで神の領域に行ってしまう可能性もあります。ヨーゼフPは選挙編の最終回で一回盛り上げに成功してるので、もう一回何かあるかも・・・というのはいけない期待でしょうか?w いずれにしろ、彼はコメの反応をかなり気にしてるような素振りがあるので、視聴者の奴隷にならないよう、その気遣いがいい結果につながってくれることを祈ってます。ま、このタイプの人が「他人の意見を聞きすぎて」失敗するのは、見たことがないんですけどねw
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。