iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【平安時代】源氏物語×アイドルマスター【源氏m@ster】
 くるわP
 

 能では源氏物語を題材にした曲が沢山ありますが、私はほとんど知りません。見たことは何度もあるのですが、源氏物語を全然知らないので、見てても全然面白くないのですw 能というのは江戸期に教養芸術になってしまったので、こういう風に、「分かってないと面白くない」ものが沢山あります。能楽師の皆さんは「何も知らずとも、見て、聴いて、そして感じてください。それが全てです」と言うんですが、私は反対ですね。だって、知ってたほうが面白いんだもんw ニコマスと同じですよ。
 私も自分が歌える曲は、見てて面白いです。というか、昔から能というのは、習ってた大名がみんな人前で演じたように、西洋の芸術のような、芸術家と鑑賞者が断絶してるものではなかったんです。昔から能を習った人はみんな人前で演じたがったし、今でも能を習うと、頻繁に発表会をやらされます。しかもその時は大抵、プロと同じ、本物の能楽堂でやりますw 「能の舞台は神聖なもので・・・」って思うかも知れませんが、我々素人でも普通に上がって発表します。和服がない人は、足袋だけ履けば、スーツでも上がらせてもらえます。意外と敷居が低いでしょ? 私は昔、ピアノを習ってて発表会にも出ましたが、小さい地元の汎用ホールでした。それが能だと、最高級の舞台でやれるんですね。
 発表会の参加料は場合にもよりますが、1?3万くらいですか。これは会によって大きく違います。普通に3分ぐらい仕舞をやるだけでも、15万とか取る会もあるし、プロがお囃子をやってくれる15分くらいの「舞囃子」というものを出しても、1万5000円とかの会もあります。こういうのは要注意ですよね。あまりネット上に情報がないので、習うにしても、能楽堂主催の能楽教室とか、私が今通ってるような文化センターで習うのが、料金の透明性の面から一番です。こういうところはもっと改善してほしいところです。
 まあ、歌舞伎とか文楽みたいな、あなたは芸術家、私はお客さん、という芸能とは違うんですね。江戸時代に謡を習ってた人たちも、ちょっと高級なカラオケくらいの感覚だったんじゃないかと私は思ってます。だから能というのは、「能を見る人は、能を習ってるのが当たり前」という部分がどうしてもあります。私も最初はそれが嫌で、「何も知らないお客さんが感動出来ないものは芸術としてレベルが低い」と思ってたんですが、ニコマスなんかにハマった今から見ると、まあ、こういうのも一つのあり方じゃないかと思ってますw 何も知らないお客さんを感動させなければ芸術ではない、というのも、一つの先入観かなと思います。ただそれを突き詰めて行くと、どうしても「内輪受け」になるので、難しいところです。

 私が知ってる源氏物語関係の能というと、「玉鬘」くらいです。ただこの曲は、他人に振り回され続けたはずの玉鬘が、「ただ身一つの報いの罪や数々の、浮名に立ちしも懺悔の有様」とか言ったりする、何とも屈折した曲です。これを中世の女性蔑視の表れと見る人もいるんですが、私は単純に、江戸期に改変された結果だと思ってます。この曲は玉鬘が終始「妄執」に悩むのですが、何に対する妄執なのか歌詞からはよく分からず、そのくせ主役の玉鬘は後半、唐織の右袖を、腕を入れずにだらりと垂らし(「脱ぎ下げ」と言います)、後半の謡も修羅ノリと呼ばれる武将モノのノリを真似た、ややテンポの早いものです。そこで玉鬘は「秋の葉の身も朽ち果てね、恨めしや(秋の葉のようにこの私の身も朽ち果ててしまえ、恨めしいことよ)」とまで言いますので、多分、昔は結構ドロドロした情念を表現する曲だったのが、江戸期の武家社会の価値観と合わなくて、色々削られた結果、意味不明になったのかなと思ってます。でも、作者の金春禅竹という人は仏教的な価値観を能に色濃く持ち込んだ人で、そこまでエグイことはやらなかったはずなので、どこからどこまでが改変で、どこからどこまでが禅竹のオリジナルなのか、今となっては藪の中です。
 そんなこんなで、能を楽しむ上でも源氏物語の知識は必須の教養なのですが、いかんせんとっつきにくく(伊勢物語は読みました)、もし動画を作ってもらえたら、これを期に見てみたいなと思いました。

 それくらいのことで、長々と書いてしまって、どうも申し訳ありませんw
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。