iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アイドルマスター】 美希の天下創世49 【信長の野望】
 別所就治P
 

 なんかもう、「守破離」でいう「離」ですね。風のような作風です。
 動画の雰囲気も素晴らしいですね。一つ一つの画面が絵画のような美しさです。静的な架空戦記の極北でしょう。

 以下、あんまり動画と関係なくなってしまったので格納します。
 ***

 悪人正機説というのをコメで見て調べ直しましたが、ただ善人であるだけの人よりも悔い改めた悪人のほうを神は愛する(放蕩息子の帰還)とか、娼婦や徴税人が一番最初に天国の門に入れるとか、そういうキリスト教の教えとよく似てますよね。「善いこと」を為そうにも、その行為が「善いこと」かどうかなんて誰にも分からないじゃないかという相対主義は、一見詭弁なようでいて、真理を突いてると思います。人権保護団体やら、環境保護団体やらが典型でしょう。
 最近、「企業の社会的責任」という言葉をよく聞くんですが、私はこの思想は危険だと思います。たとえば公害を起こしたら賠償する、といったような、事業に伴う損害の責任を問うのはいいんですが、公園の整備やら、「慈善団体」への寄付やらをするのが「企業の社会的責任である」というのは賛成しません。グリーンピースやシーシェパード、日本ユニセフといった「慈善団体」も、企業から多額の寄付金を受け取っているわけですが、私に言わせれば、そんな「慈善団体」への寄付なんかやめてもらいたい。当の企業は「企業の社会的責任を果たすために、お金にはならないけれども慈善行為をしたい」と思ってるのかもしれませんが、そのせいで迷惑を被ってる人が、世の中には沢山いるわけです。
 何が「慈善行為」かなんて誰にも分からない。たとえば日本でインフルエンザのワクチンが足りなくなって、どこかの大企業が「いつもお世話になっている社会に利益を還元したい」などと言い出し、多額の寄付金で援助した結果、確かにワクチンは行き渡ったけれども、そのワクチンに重大な副作用が見つかって沢山の人が死んだりしたら、企業はどこまで責任を取るべきなのか。企業にお金をタカるのに「社会的責任」などという大仰な言葉を持ち出す人を、私はあんまり信用できません。「善行をしよう」という、普通誰も批判出来ないような人間の「良心」にまで批判の目を向けた点で、この悪人正機説というのは慧眼だと思います。
 証如の最後の言葉もいいですね。子や孫のように可愛がって来た春香を、美希に託す気持ち。それもまた「欲」だと言ってみせる謙遜にこそ、この思想の真髄があります。ただこの思想は、他人に押し付けるものではなく、あくまで自分を律したり、世の中に納得するためのものであり、いかにも日本的、アジア的であるようにも思います。つまり、そこには「普遍性」がない。この思想は、別に他人が同じことを信じていなくても全く構わないわけです。だからこそ、力づくでの「布教」も起きない代わりに、他人が力づくでこちらを変えようとしてきても、「それも欲だ」くらいのことしか言えないので、強烈な抵抗力が生まれにくい。これが日本的な思想の最大の弱点かなとも思います。

 しかし、もう何か日本的な情緒みたいなものが動画に生まれてきてますねw OPの物悲しいファンファーレも、この動画で流れると、特に哀切な響きがあります。「天下創世」の四文字を号令し、普通は盛り上げて行くようなところかもしれないのに、あえてこのような寂寥とした演出をするところが、なんとも心の琴線に触れてくれます。それもまた「天下統一をしたら、この動画も終わる」という視聴者の気持ちを代弁しているようで、深いものがありますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

以下引用
>「善いこと」を為そうにも、その行為が「善いこと」かどうかなんて誰にも分からないじゃないかという相対主義は、一見詭弁なようでいて、真理を突いてると思います。人権保護団体やら、環境保護団体やらが典型でしょう。
引用終わり

ええっと、この引用の後に続く論はいわゆる「行き過ぎた相対主義」じゃないでしょうか?
企業がお金を出すことで助かっている人たちは無視できないほどいますし、ほかにも伝統芸能やスポーツ、音楽などと言った文化的側面に対する貢献もあります。
さらに例に挙げられていたインフルエンザワクチンなどは”現実には”リスクとベネフィットを取ってみれば明らかにベネフィットが勝っているわけで、こんな風な取り上げ方をするとgase2さんが怪しい人に見えてしまいます(^^

つまり企業がお金を出すことはそれ自体は良い悪いもなく、お金を出す対象しだいと言う当たり前の話です。

ただ、結論部分?には賛成で「地獄への道は善意で敷き詰められている」と言う警句にもあるとおり、自分が善意で動いていると思っていると客観的な批判にも耳を傾けられなくなったりすることが良くあると思われます。
まぁ、こうやって人のことを書く前に自分がどうかきちんと自省しなきゃならん部分も多いのですが(笑)
T_U | URL | 2010/02/17/Wed 03:52 [編集]
書き忘れにつき連投失礼します。

もう一点、企業が社会に対する貢献を忘れると現在の経団連みたいになってしまうわけで。平気で派遣切りとかしだします。
なので「企業は社会に貢献(あるいは還元?)すべき!」という社会からの圧力はなくなってしまうと困ります。あんまり強すぎてもそれはそれで困りますが。

T_U | URL | 2010/02/17/Wed 03:58 [編集]
 あー、お返事が遅れてすいません。実はこの6日ほど、空いた時間はずーっと返信のコメントだけを考えて、書いては消し、書いては消してましたw
 記事があまりにも問題を単純化してるのは私の落ち度です。確かになんだか「企業は金儲けだけやってればよい」という風に見えてしまい、これでは同様に誤解した人も多いと思うので、多分3日くら後にエントリの形で弁明します。
 よろしければそちらをご覧下さい。
 お返事が遅れて申し訳ありませんでした。
gase2 | URL | 2010/02/20/Sat 15:55 [編集]
あ~もしかして考え込んでしまわれたかなって、少し気にしておりました。
申し訳ない。

いや、gase2さんがそんな極端なことを本気で書いているわけはないよなっ、とは思っていたんですが、このエントリの形そのままだとやばいなって思ってコメントしたんです。

僕はこちらのブログでアイマスのこと、著作権がらみのことなどいろいろ勉強させていただいていてありがたく思っております。
ところがgase2さんが本気でインフルエンザワクチンで製薬会社陰謀論を唱えるような方なら、今までよい勉強したな~と思っていた記述への信頼性が揺らいでしまうわけです。
#もちろんそんなわけないって、思ってはおりますし、このエントリからもそこまで読み取れるわけではありません。

なのでそのあたりの真意をお聞かせいただければと思ったしだいです。
T_U | URL | 2010/02/20/Sat 23:18 [編集]
 あーいやいや、やっぱり気にされてましたか。お返事のコメント書くのが遅すぎましたね。申し訳ありません。「今日こそは書き上げるぞ!」と思いながら、毎日何時間もPCに向かって、「あー今日もまとまらねー! もう眠いしねるか」の繰り返しだったのでw
 いや、私は文が長くなりやすいように、そもそも文章を書くことが好きなので、一度書き出すとのめり込んでしまい、色んなことを調べたり、勉強しながら書いてるので、自分が考えてなかった部分についても蒙が啓かれ、ここ数日の生活はとても充実しており、全然それはいいんです。ただ、こればっかりは政治的、思想的内容なので、必ずしも納得してもらえる弁明が出来るとは思ってません。
 でも、ちゃんとした理屈はあるので、たとえ理解が得られなくても、やはりこういう微妙な問題については、出来るだけ自分もこの機会に考え、勉強し、整理すべきだと思ったのでやっています。と言っても、せいぜい一週間です。これ、調べてると、本気で語ろうと思ったら、2年くらいかけて調査と研究を重ねて出版すべきじゃないかと思えるくらいのものですw まあ、社会問題なんてそんなもんですよね。私も時間さえあれば、著作権法のあり方なんかについて、本気で研究したいところです。

 ちなみに、この記事で書いた「企業の社会的責任」というのは、一般的な意味ではなく、法学上の概念です。つまり、それが危険だというのは、「企業は社会的な責任を負わなくてよい」ということではなくて、「企業の社会的責任」という法学上の概念が危険だと言ってるということです。
 言い換えれば、企業が社会的な責任を果たすことは重要なのですが、それを「企業の社会的責任」という法学上の概念で追求することに問題があるのです。これは「企業の社会的責任」などの法学上の概念が、普通の日本語としての意味と微妙にずれているからややこしくなるんです。たとえば一般の日本人が言うときの「社員」と「株主」は、法律用語ではそれぞれ「使用人」と「社員」になります。法律に「社員」と書いてあったら、それは「株主」のことなんですね。ややこしいでしょ?w
 なのに、普通「企業の社会的責任」と言ったら、その言葉通りのことを連想するはずです。それをカッコ書きで済ませてしまっているのが、このエントリの駄目なところです。
 ちなみに、なんで今まで「使用人」だったサラリーマンのことを「社員」と呼ぶようになったかというと、ある財閥だったかのトップが、「従業員の皆さんこそ、この会社の持ち主(法律上の「社員」、一般にいう「株主」)なんですよ。だから皆さんのことを、これからは『社員』と呼びましょう」という歴史があるんですね。

 ま、相変わらず文章は書いてて楽しいので、頑張って書きますw いや、納得してもらえなくてもいいんです。最善を尽くしますので、自分なりの思想があってのことだということさえ理解してもらえればと思います。
 ではでは。
gase2 | URL | 2010/02/21/Sun 00:58 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。