iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマス野球道Girl’s・五年目(23)
 糸冬P
 

 引退というから何するのかと思えば、あっさりしてますなあ・・・。今時ゲームでもこれで引退イベントを終わるものはないでしょうw スーファミ初期みたいな演出ですが、それがいいですね。以前、糸冬Pはブログで「スポーツを小説にする時、試合に至る過程や、試合後の選手それぞれの思いみたいなものを書くのが作法だと編集者に言われたけど、それと違ったものをやりたかった」みたいなことを言ってましたが、まさにそれですね。厳しい練習や、卒業していく選手たちの感傷みたいなものは何にもない。とてもシステマティックで、抽象的ですね。この言葉はあまり好きじゃないんですが、記号的と言ってもいいでしょう。でも、ラノベ的な意味での「記号的」とはまた違う。普通のラノベが「演奏」だとしたら、この作品は「楽譜」のような気もします。「物語」に対する「記録」でもいいかもしれませんが、プレイ動画ともまた違う。上手く言葉に出来なくてすいませんw 多分、とても単純なことなんでしょうけど・・・。この作品が一体「何」なのか、分かる人はすぐ分かると思います。私には分かりませんがw 
 あー、他の人の意見聞きてーw 架空戦記系ブログ、もっと出来てくれ?w
 いずれにしろ、とても特徴的な作品です。

 あと、この記事書いてる時、サムネが「アミオパーティ」に見えて仕方ありませんでしたw
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。