iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<「隣に…」を能っぽく踊ってみた> Q&A集
 昨日上げた「アイドルマスター 「隣に…」を能っぽく踊ってみた」に関するよくある誤解や質問について、お答えしておこうと思います。ただし分かりやすくするために、動画のコメントを少しアレンジして載せてます。

>素人じゃないだろ
 習った期間は、計5年半ほどです。
 ちなみにここで言う「素人」というのは、伝統芸能の世界独特の言葉で、「プロでない人」を指します。40年習ってても、プロでなければ、その人は「素人」です。「お素人さん」とか呼ぶこともありますが、侮蔑の意味はあんまりありません。逆にプロは当然「玄人」です。
 まあ、私は普通の意味でも、やっぱり「素人」ですけどw

>技術
 技術的には非常に稚拙なものです。ま、「習い始めてしばらくした人」くらいのもんですねw これは少し能を知ってる人が見れば分かることです。隠したくても隠せるもんじゃありません。それでもやったのは、「まだ誰もやってないから」「放っておくと、最後まで誰もやらないかもしれないから」これに尽きます。恥を忍んで上げましたので、技術に関する批判は、全くその通りです。私が見た限りでは、的外れなものは一つもありません。精進します。
 あと我々素人は普段、面を付けて練習しないので、こんな風に視界の狭い状態でやるのは非常に大変でした。現在舞台のどこにいるかを把握するので頭が一杯だったので、細かい部分は本当にボロボロになってます。情けない限りです。

>素人がなんでこんな場所で撮影できるんだよw
 ここは私の住んでいる県の、県営能楽堂の稽古用舞台です。色んなとこで書いてますが、練習用なら一般人でも4時間4千円で借りれます。日本全国見渡しても、こんな県は他にまずないと思います。能を習うには、非常に恵まれた環境です。

>これ、石川県立能楽堂別館じゃね?
 惜しい! すごい近いですよw
 まあ、上でほとんど答え書いてますけどw

>きつねはないわ・・・
 いや、ネット上には、「女性」「シリアス」「安い」「和風」などの条件を満たす仮面が、全く売ってないんですw 「安い」を無視しても売ってない気が…。
 あと女性の能面だけ紋付袴に付けても、全然あずささんには見えませんしね。何より値段が…。

>予算16万!?
 何やらこの言葉が一人歩きしてますが、これはビデオカメラや、三脚や、メモリーカードや、動画編集ソフトや、服装や、お面や、扇や、型を見るために買ったDVDや、その他もろもろを一から揃えた上に、使用料4千円の舞台を計4回も使って練習と録画をしたからです。これから使うものも沢山ありますから、決してこの一回に使い切ったわけじゃないですよw その点勘違いしないでくださいね。
 能にお金が掛かるのは事実ですが、上手くやれば安く済ませることも出来ます。その点が、我々貧乏人がこの芸能を習い続けていくのに重要なことかなと思います。
 ちなみにこのタイプの動画をもう一回撮る時は、1万ちょっとで済むと思います(扇と舞台使用料だけ)。

>足さばきもうちょっと…
 ですよねーw いや、でもそうやって「これを直して、あれを直して…」とやっていくと、私のような週イチで習ってるような素人では、一生動画が上がりません。もちろん「じゃあ一生上げるな」という意見はもっともですw すいませんw でも伝統芸能の紹介くらいの効果はあったようなので、それだけでも喜ぼうと思います。
 足に不満がある人は、おそらくもっと足をピンと伸ばしたまま、カカトだけ付けてつま先を浮かせるアレをやってほしいんだと思いますが、それがどれほど難しいことか…w 一応、「それだけ」やろうと思えば出来るんですが、自分はまだ未熟なので、それをやると今度は一定速度で移動出来ないんです。カク、カク、と止まりながら進んでしまうんですね。尺取虫みたいにw
 我々能を見る人間は、鑑賞中にしょっちゅう足先を見ますし、あのパカ、パカ、と足を上げながら進む動作の気持ちよさが重要な鑑賞対象の一つになっています。が、多分能をあまり見ない人は、あの足先の動きよりも、一定速度で移動するほうをイメージとして重視すると思ったので、足の動きは捨てて、身体の動きを滑らかにすることに専念しました。なので足先はひどいことになってます。申し訳ありません。ひとえに技術の不足です。

>結構手が下がってたな
 やってる人ですね!w でも、これは何度やっても無理でした。素顔でやればもっと維持できるんですけど、お面を付けてしまうと視界に手が入らないので、下がってるのを忘れてしまうことが多い…というか、ほとんど下がりっぱなしでした。精進します。

>ずっと笑ってた
 いや、それも正しい反応だと思いますw 私も、型付け(振り付け)は真面目に歌詞に合わせて考えて、歌い手の心情を表すように頑張ってるんですが、非常に馬鹿なことやってるのも事実だし、それも分かっててやってるので、真面目半分、馬鹿半分だと思います。
 でも、やってる方はすごい真面目なんですよw 手持ちの能の知識と拙い技術で、なんとかこの名曲の心を表現出来ないか必死に頑張った結果なので、「?を汚すな」というタイプのコメントは、予想はしてましたけど、やっぱり精神的にキツイですね。いや、そう思うのが普通なんですけど。別に私自身の下手さを怒られる分にはいいんですが、他の人に迷惑が掛かってると思うと、やっぱり後悔する部分はあります。まだ無理して動画を消すほどのものではありませんが…。
 ただ、繰り返しますが、やってる方は非常に真面目なんです。「こんなことやったらウケるだろう」などと考えて、ウケる動作を選んだりはしていません。でも、それが客観的に見て滑稽で面白いというのは、全く事実だと思うので、やはり正直な反応なんじゃないでしょうか。
 ただし、上手い人がこういうものをやると、もう「本人」にしか見えなくて、「よく考えたらバカらしい」という考えすら浮かばないことも事実です。あくまでアマチュアの宴会芸なので、「本物の能」と混同しないでくださいね

>宝生だったら五雲の扇使え
 この体たらくで「これが宝生流ですよ」って誇示するわけにはいかないでしょう。それこそ宝生流に失礼だと思ったので、あずささんカラーの紫の扇を買って来て使いました。一応襦袢の色を白にして、宝生流であるということは回避したつもりだったんですが…(宝生流だと仕舞の襦袢の色は、紺かグレーなので)。そこまで知ってる人はなかなかいないようですね。
 でもこんな風に一つの流派で概ね統一すると、色々クレームが来て他人様に迷惑が掛かることがよく分かったので、次に同じことやるとしたら、もっと色んな流派の型をゴチャ混ぜにして、何がなんだか分からない状態にしようと思いますw

>これが伝統芸能か
 何度でも言いますが、私はただの下手な素人なので、そういうことを言われると困りますw 本当に、「本物」はとても素晴らしいんですよ。是非、そちらの方をこそ、実際に見てみてください。

>上手いのかどうか分からない
 それは、私が下手だということですw

>フルだから通報だ!
 あ、ほんとだ!w すっかり忘れてました…。
 まあ、これだけ過大評価されてしまうと、色々な人に申し訳ないことになってしまってるので、それで削除されるのも、シナリオとしては悪くないんじゃないでしょうかw 広告してくれた人には本当に申し訳ないんですけど、そうなってしまえと思うことがたまにありますw

>曲の良さを特に感じる
 この言葉は嬉しすぎます。すこし目が潤みましたw
 少し大げさですが、私が表したかったのは、やはり「歌の良さ」です。これに尽きます。あくまでこの「隣に…」という曲を引き立てるために色々動いてるんであって、動き自体を面白いと思ってほしくてやってるわけではないんです。歌を増幅するレンズか、せめて反射する鏡にでもなりたいと思い、下手くそながらに頑張って練習したので、歌の良さをあまり邪魔しないで済んだのなら、これは本当に最高の褒め言葉です。ありがとうございます。

>能ってどこで見ることが出来るんだ?
 私のような動きの小さい能がみたいのなら、東京の方は宝生能楽堂のページをチェックするといいでしょう。
 しかし「謡宝生、舞観世」とも言われる通り、宝生流の動きが小さいのは、基本的に謡を聞かせるためです。そのため、謡の意味が分からない場合は、舞の動きが大きい観世流の方が楽しみやすいです。観世流のほうが大きい声で謡ってくれるので初見でも分かりやすく、特に修羅物などの派手な動きは見物です。観世能楽堂のページからチケット予約が出来るようですね。神戸、名古屋、福岡の観世会の催しも書いてあるので、近くの人は探してみるといいでしょう。観世流の分家の銕仙会なんかも、少数精鋭で名高く、声が大きくて迫力があるので、特に好きな人も多いです。
 あと靖国神社なんかでも、一流の能楽師が集まる「夜桜能」という催しが春にあって、桜に囲まれた屋外の舞台で、夜、ライトアップされた能を鑑賞できます。もう今年のチケットは売り切れてると思いますが、昔あそこで見た観世流の舞囃子「難波」が圧巻で、今でも強く記憶に残っています。確か、梅若晋矢さんだったように思うのですが…。
 近くでやってないよ、という人は、DVDでもどうでしょう。超の付く天才でありながら53歳で亡くなった観世流(銕仙会)の能楽師、観世寿夫さんの「井筒」が残っています。装束を着けた出で立ちからして別格ですが、足運び、姿勢など、本当に素晴らしく、大変見応えのあるもので、これぞ本物の「能」です。ちょっと値段が高いですが、興味のある方は是非どうぞ。前半はほとんど動かず分かりにくいですが、これは全て、ラストで井戸を覗き込むシーンへの布石です。ずーっと見続けてれば、そのシーンで肌が粟立ち、「ああ、このシーンのために今までやってたんだな」と分かると思いますw 序之舞という、能が好きな人でもよく寝てしまうことで有名な、テンポの非常に遅い舞があるんですが、この人の序之舞はかぶりつきで見れますw 必見ですw

>ちょっと能習ってくる
 皆さん興味を持たれたら、是非、大学の能サークル扉を叩くなり、近くの文化センターの能教室に行くなり、能を見に行ったりしてみましょうw 「この催しどう?」「行けるのは二つあるんだけど、どっちが分かりやすい?」などの質問にも出来るだけ答えますので、「能を見に行きたいけど、どうすればいいか分からない」という方は、このブログのどこのエントリでもいいので、分からないことは気軽に聞いちゃってください。正直もうこの動画は引っ込めたいんですがw、やってしまった以上、出来るだけ本物の能を広めることを手伝うことで相殺したいと思います。

 ***

 まあ、動画作ってる時は夢中でやってて、とにかく「これが面白いはずなんだ!」という気持ちで突っ走ったんですが、いざこうなってみると、色んな方に申し訳ないことしましたね。正直、「やっちゃった」感が否めません。今の感情を一言で表すと、ですねw 仕事中もずーっとドンヨリしちゃって…いや、面白く思ってくれた人には申し訳ないんですが、やっぱり「これはやるべきではなかったのでは?」「少なくとも『私が』やるべきではなかったのでは?」という疑念がどうしても消えません。この点は事前にあまり考えておらず、というか1000再生くらいいけば奇跡だと思ってやってたので、全く予想外でした。再生数260くらいの頃が一番楽しかったなあ…w 今はもう、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 毎日仕事で車を一人で運転してる時は、ずーっと謡の練習をやってるんですが、今日は全然集中できなくて…しかも私、この録画の前日に能の発表会に出てたので、腰の筋肉が今、完全にイカレてますw 超痛いw なので心も体も踏んだり蹴ったりの状況なのですが、とにかく、このどうしようもない動画で少しでも伝統芸能に興味を持ってくださった方がいるようなので、なんとかそれで納得しようと思ってますw 皆さん、ありがとうございます! 日本の芸能も結構いいでしょ?w
 この動画が伝統芸能への入り口の…10kmくらい手前になってくれればと思いますw

 では、また何かあったら付け足します。

■追記
>評価の基準はニコニコできるかどうかだろw
 うわーありがとうございますw これは褒めてもらえてるのかどうか分かりませんが、「ショボイ技術で、能を知らない人たちを騙してしまったのではないか」という罪悪感で絶賛落ち込み中の私にとって、少し救いになりましたw くよくよしてた気持ちに一筋の光ですw ありがとうございます。

>音も入れてほしい
 ここは練習用の舞台なんで、足拍子を踏んでも、「バキッ!」という音しかしないんです。本物の舞台でやるとホントいい音がしますが、ここでは生の音からしてよくないし、録音するのにも機器が弱いのでやめました。

>その型なら右足で止まるんじゃ…
 うっがあああああ! その通りでした! これも直しておきます。
 実は女物の仕舞は数年間のブランクがありまして。いつも修羅物ばっかりやらされてるので、大左右から身を入れるものが多く、これはすっかり忘れてました。申し訳ありません。
 こんなところで言われちゃったから、もう一生忘れないでしょうけどw
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。