iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著作権法豆知識 第六回 著作財産権・前編
 こんにちは。今回は著作財産権です。
 二回に渡ってお届けします。今回は前編です。
 著作財産権は支分権が多く、一つ一つ丁寧に見ていくと時間が足りないので、大幅に簡略化していきます。
 どちらかというとMADよりも、ニコ動ユーザーが行うライブイベントなどが問題となる場合が多いのが特徴です。

 ***

<0.はじめに>
 以前、著作権は独占権だと言いましたが、正確には禁止権だとする意見もあります。
 要するに著作権というのは、「勝手に○○するな!」という権利の集まりだとも考えられるわけです。
 では、具体的に見ていきましょう。

<1.複製権
 勝手に複製することを禁止する権利です。 
 MADに関係あることといえば、なんと言っても手描きMADにおけるトレス・模写でしょう。これらの行為は複製権の侵害にあたります。
 模写が「複製」であることに納得がいかない人もいると思いますが、精巧な模写の場合を想定してのことと思われます。ですからあまりに絵が下手で、到底元の絵や画面を想起しえないような場合には、複製とみなされない場合があります。
 なお、トレスでもキャラを変えた場合などは、前回お話した同一性保持権、あるいは次回お話する翻案権の問題になります。

<2.上演権演奏権
 勝手に演奏したり、踊ったりすることを禁じる権利です。 
 たとえばアイマスのオフイベントで、ライブハウスに人を集めて、ピアニート公爵が「青い鳥」を演奏したり、そるPが笑顔で踊ったりするのはどうでしょう。
 そのようなイベントでは、入場料を取る場合や、出演者に報酬がある場合は、侵害行為になります。
 逆に言えば、入場料無料、かつ出演者が無報酬なら適法です(法38条)。
 ただし、曲をアレンジした場合は、自動的に侵害となります。この場合は、無料かつ無報酬でもダメです。
 アレンジでも適法と認められる可能性もあるんですが、応用なのでここでは語りません。

<3.上映権
 勝手に映像を上映することを禁止する権利です。
 映像の一部を上映してもダメなので、MADのような「映像の一部のつぎはぎ」も対象となります。
 なのでMAD鑑賞会みたいな催しは、お金を取ってしまうと上映権の侵害になります。

<4.公衆送信権
 勝手にネットに上げることを禁止する権利です。
 出ました。ついに来ましたね。
 MADのみならず、ニコ動上のほとんどの動画は、この権利を侵害しているのではないでしょうか。
 丸上げだろうが、一部だけ使ってようが、細かく刻んだものを並べ替えようが、基本的には全部侵害です。
 なお、今まで「非営利ならOK」という権利が結構ありましたが、ネット上で配信することは、非営利でもダメです。その理由として、著作権者の損害が大きいことが挙げられています。誰もがソフトや音楽をネット上で「シェア」しだしたら、企業はやっていけないだろうというのは、簡単に想像が付くことと思います。
 しかしながら最近では、ニコニコ市場の活躍もあって、「丸上げでなく、加工したものならば、原曲の売り上げをそれほど減殺しないし、むしろ宣伝効果もあるのではないか」ということが言われています。
 こういう議論を「自分たちの違法行為を正当化している」として嫌うMAD制作者もいますが、個人的にはどんどん言うべきだと思っています。
 なぜなら、著作権法は現在のニコ動上における二次創作のような著作物の利用のされ方を、全く想定していないからです。
 要するにいわゆる「二次創作」のネット上へのアップロードをどうすべきかは、これから話し合っていくべき問題であって、インターネット登場直後の法律を絶対化し、それに従うことを「善」とするのには、問題があると思うからです。

<5.公衆伝達権・口述権・展示権・譲渡権・貸与権・翻訳権>
 飛ばします。

<6.頒布権
 これは映画にのみ認められた権利で、複製物を公衆に貸与する権利です。
 いわゆる「中古ソフト事件(中古ゲームソフトの販売が違法かどうか争われた事件)」では、ゲーム会社側はこの頒布権(はんぷけん)を主張しました。読者の皆さんの関心があるようなら、この頒布権についてもいつか説明しようと思います。

 ***

 今日は以上です。
 最後に一つだけ、説明していない権利が残ってしまいました。翻案権といいます。
 これは勝手に二次創作することを禁止する権利であり、MADや架空戦記ととてもつながりが深いので、キャラクターの問題と絡めて、次回お送りしたいと思います。

 お疲れさまでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。