iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rom@ncing iDOL 2章 第7話 『決戦!地上戦艦』前編 / アイマス×ロマサガ2
 にけP
 

 なんてことのない動画ですが、自分は立ち絵の選択に個性が出てるというか、人によって随分違うんだなあということをつくづく考えながら見てました。
 にけPのこの動画にしろ、見てる側は「ここはあの立ち絵の方がいいんじゃないの?」などと不満に思うことは滅多にないんですが、一方で作者によって立ち絵の選び方、切り替えるスパンが全く違い、自分はそれが動画の「雰囲気」にかなり影響を与えてるんではないかと思ってます。まあ、どれも「正解」なんでしょうね。しかし、作者がどの「正解」を選んでいくのか、そこがとても興味深いわけです。庭上げPなどは「立ち絵から台詞を思い付く」ということを言ってたように記憶しています(ブログで言ってたと思うんですが、どのエントリかはちょっと調べても出てきませんでした)。文章も立ち絵との組み合わせで、視聴者に与える印象が大きく変わることもあるのではないでしょうか。
 あんまり研究する時間がないので、上手く分類したりは出来ないのが残念です。色々考えながら見てますが、まだまだまとまりませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。