iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太宰治、曰く
 太宰治は、次のように述べています。

 文章の中の、ここの箇所は切り捨てたらよいものか、それとも、このままのほうがよいものか、途方にくれた場合には、必ずその箇所を切り捨てなければいけない。いわんや、その箇所に何か書き加えるなど、もってのほかというべきであろう。


 アイマス教養講座のプロットを書いてて、まったく同じことを思います。
 特に私の場合、何も考えずに書いていくと、どうしても自分の思想や主義主張を、話の中に盛り込もうとしてしまう癖があります。でも、それでは話が長くなってしまうし、なにより「楽しく著作権法について学ぶ」という初期の目的が達成できません。
 ので、書いては消し、書いては消し・・・というよりは、書いては消し、消し、消し・・・のほうが近いような状態です。とにかく無駄を見つけて、多少惜しくても、バッサリ切る。そして消したものを後から読むと、明らかに良くなってるんですね。
 こんな感じで、今はまだ、プロットの剪定作業といったところです。
 画面などが作れるようになってきたら、少しずつ、公開していきますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。