iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iM@s 13d@ys-第9話【アイマスで分かる(かもしれない)キューバ危機】
 マシン語P
 

 今回はやたらとコメが多くて、いつもより楽しかったですねw やはりコメがあると全然違います。2chだったかでオススメする人もいるらしく、実際少し伸びてきました。
 あと、メッセージ送りが早くなったのも関係してるかもしれませんが、初期のまったりした雰囲気と比べると、少し変化があると思います。事態が緊迫してきたのもありますが、何か昔よりエンタメ性が増したようにも感じます。昔はもっと「教養講座」然としてました。正直に告白して、昔はギャグが滑り気味だったことも多かったように記憶してますが、随分面白くなったと思います。
 よく考えたら、なんでこれを見続けてたんでしょうかねw 以前はもっと淡々とした動画だった気もしますが、なんとなく見続けてたら、段々面白くなってきた感じです。やはり何か感じるものがあったんでしょうか。作り続けるというのは、素晴らしいことです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

どうも、作者のマシン語Pです。お褒めの言葉を賜り光栄の極み。
第1話はわずか半年前のものですが、今見返すとこの状態では投稿しないと思うものでお恥ずかしい限り。
言い表すのは難しいんですが、以前は今ほど吹っ切れて無かった感がありました。
製作前に2chの教養講座スレで「こんな感じで作りたいんですけど、大丈夫ですかね?」と質問したくらい
小心者なもので。ニコマスというよりアイマスに入った切っ掛けがトロツPのソ連権力シリーズで
それが念頭にあったので、教養講座である以上時系列順に描かないとダメかなという、ツマラナイ思い込みもありました。

作る内にそういった凝りも取れてきて、教養講座とは言え、視聴者は自分の時間を費やしてみるものだから
面白くなければ見ないのだと、自分が取っている行動を改めて確認した次第。
また以前はニコマスに限らず、マンガ・アニメ・映画・小説などを漫然と見ていたのが、動画制作をするようになって
作り手の隅っこに居るものとして参考になる所はないかと、大げさに言えば吸収しようとする態度で見るようになりました。

ノベマスに手を出したのも大きかったと思います。特に3月から4月にかけて、RAPと哀川翔Pのノベマス講座を見て認識を新たにし、
ウソM@Sに参加したのが良い経験になりました。
次の話では更に一歩推し進めて、もっと吹っ切れ(悪く言えば悪ノリ?)ようかと思います。
この先事態は緊張する一方なので、どこまで良い意味でふざけられるか難しいところではありますが。

ちなみに文字送りですが、実は8話でメッセージウィンドウを小さくして、9話からはフォントを大きくしています。
1シーンあたりの文字量は減ったから、前よりは余裕が出来たと考えておりました。
テキストを書いた作者が読む速度が早いのは当然なので、見る人の感覚も意識しないといけませんね。
マシン語P | URL | 2010/04/28/Wed 11:01 [編集]
 こんにちは、ブログでは「はじめまして」ですねw ようこそおいで下さいました。

>以前は今ほど吹っ切れて無かった
 動画は、初期はもう少し固かったと思いますが、最近は何か、柔らかくなったというか、流れるようになったと思います。本当に読みやすくなりました。

>トロツPのソ連権力シリーズ
 あの作品は架空戦記も含めて、色んな方向に影響を与えてますよねw 私もとても好きな作品です。宇垣Pの『天海提督の決断』など、作者がこの世界に入る切っ掛けになる作品というのは、何か特別なものを持ってるように思います。

>大げさに言えば吸収しようとする態度で見るようになりました。
 これはありますよねw 是非、もっと多くの人が、気軽に動画を作って投稿してみてほしいです。得る物がとても大きいですからね。

>RAPと哀川翔Pのノベマス講座を見て認識を新たにし、
 私は自分のブログでは、彼らの提唱する作法を、動画を「評価する際の」基準として捉えることには一貫して反対してます。これらはあくまで「作る時のコツ」であって、「フォントがMSゴシックだから、この動画はダメだ」と、「見る側が」思ってしまうのは違うと思っているわけです。
 しかし、「どうやったら動画がもっと良くなるのか分からない」「自分の常識は間違っているかもしれない」と思う作者が、自分の意思で、自発的にこれらを取り入れるのは、素晴らしいことだと思ってます。

>ちなみに文字送りですが、実は8話でメッセージウィンドウを小さくして、9話からはフォントを大きくしています。
 いや、気付きませんでしたw どうも文章は短く、文字は大きく、というのが最近のトレンドのようですね。やはり動画特有の文章のあり方があるように思います。
 ただ、自分にはこの回のメッセージ送りは若干早く、5~6回再生ボタンを止めました。しかし、送りを早めに取るかどうかは難しい問題なので、「遅くしてくれ」とは軽々しく言えませんw 早い場合は止めればいいとも言えるし、粉春P(彼は純粋なニコマスPではありませんが)のように、一貫して遅いほうに合わせる方もいます。

 作品を見ている者の感想としては、マシン語Pの立場というのは、何か微妙に揺れているようにも感じて、そこがまた好きですw 別に「中立」である必要はないと思いますし、むしろ「俺は中立だ」と信じきっている人間ほど胡散臭いものは他にありません。しかし、この動画を見ていると、マシン語Pは自分の内面的な政治信条はさておき、「せめて動画の中では中立であろう」とする意思が見えるように感じるので、そこが嬉しいんですね。まあ、そう「見える」というだけの話なんですがw
 これからも期待しています。是非頑張ってください。
gase2 | URL | 2010/04/28/Wed 13:03 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。