iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「iM@S KAKU-tail Party DS」 3rd night - A
 つかさP 2番P keykeip オンナスキーP
 

 オンナスキーPが話題ですが、私は断然keykeiPを推します。
 私は能なんか習ってますが、別に日本文化が特に好きというわけでもなく、正直馬鹿にしてる伝統芸能もいくつかあり、ただ、能の中二的な世界観なんかが好きだったりするだけなんですが、最近、和ふぅ系に息を飲むPVが多いですね。「【合作】3期合同3月P合作 3×3P's【PVメドレー】」の小羊Pパートなんかも良かったですが、この動画のkeykeiPパートも素晴らしい。
 これといって「どうだこの映像、すげーだろ!」と主張してるように見えるシーンもないので、一見とっかかりが無いようにも思えるんですが、淡々と運ぶ中にも、色合いとか、ちょっとしたタイミングとか、そういうものが丁寧に考えらているように思えて、和菓子のような上品な甘さがあります。いや、すごい技術と言われれば全くその通りなんですが、技術の凄さより、まずは画面の綺麗さが気になってしまって、「すげー技術だ」という感動は、自分にはむしろ、あまり無いですね。頭では分かりますけれども、とにかくまずは「綺麗だなあ」とw
 5:38辺りからの謎の木造建築物(私が知らないだけで、本当にこういうのあるんでしょうか?)の前で美希が踊るシーンがかなりいい気がします。なんというか、このkeykeiPのパートは、全体的に「アイマスのステージの上で踊ってる素材を切り抜いて作った」という感覚がありません。いや、明らかにそれは事実だし、見てる時に片時もそれを忘れているわけではないんですが、そう感じさせないというか…なんて言えばいいんでしょうねw
 改めてじっくり見ると、初見では分からなかった色々な技巧が詰め込まれているのが分かりますが、見返すのは途中でやめました。今は初見で得た、ぼんやりとした感動の余韻に浸りたいと思いましたのでw また見直すことがあったら、その時にゆっくり考えながら見ようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。