iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【iM@S架空ドラマシリーズ】美希は時のかなたへ・第八話(終)
 糸冬P
 

 終わってしまいましたね。
 前半の丁寧さと比べて、後半の駆け足な感じは、自分には残念でしたね。これは原作があることもあって、なかなか面倒な話です。糸冬Pは幻戦記で「話をぶっ壊した」ことになってますが、アイマスの人物を「汚す」と思われるようなことはしたことがなく、むしろ原作をとても大切に扱う人です。後半はそれが足かせになってるのかなと思って、少し惜しい気がしてました。
 一方で、やはり前半の丁寧な雰囲気作りや、緻密なキャラ造形には出色のものがあり、文章の上手さに惚れてるだけで、ご飯三杯はいけるという感じでしたw 第一話で醸し出される「夜の雰囲気」などに、自分は思いっきり興奮してしまったものです。背景が夜なだけでなく、動画全体から「夜の雰囲気」を感じるというのが珍しかったので、こりゃタダモノじゃないぞと思ったわけですね。
 各キャラの描写も、ニコマスの最大公約数をしっかり捉えているばかりか、むしろその「ニコマスの最大公約数」なるものを描き出そうとするかのような求道的な姿勢も感動モノでした。いや、本人がそうやってたかどうかは分かりませんがw 何か一歩引いた、ほとんど学究的ともいえる視点から台詞を割り出してるようなところがあり、他のノベマスP、架空戦記Pのいい意味で感覚的な文章とも一線を画してました。
 ただ、それら私が楽しんでいた部分が、一般的には作品の枝葉末節であることは否めないでしょう。主役であるはずの元康も、最後まで幽霊のように掴みどころがない部分がありました。しかし、これは鑑賞の対象の問題でもあります。私が満足出来たのは、私が鑑賞していたのが、作品ではなく、作者だったからかもしれません。作者に興味がなかったら、ここまで文章の「味」を満喫出来たかは、ちょっと自信がありません。

 糸冬Pのブログによると、今後、作者本人による作品の振り返り等があるようです。
 本人もあまり作品には満足出来ていないようですが、しかし、刀は研がれました。あるいは、研がれていました。それが振るわれる最高の場所が糸冬Pに与えられることを、望むばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

自分の動画関係の時ばかりコメントをして申し訳なく思ってます。
いつも取り上げていただいてありがとうございます。
お陰様で完結にこぎつけることが出来ました。

正味の話、gase2さんのブログ記事と広告なくして、最後まで作れていたかどうか自信はありません。あまりご期待に添えなくて申し訳ないです。
up主本人は今回の結果に、満足はしてませんが納得はしている状態です。

さて、これが小説の執筆なら、お話の筋を一本通すという一番苦しい作業が一段落して、これから伏線を張ったりサブエピソードを盛り込んだりして精度を高めていく一番楽しい作業が待っている筈なのですが、動画だと出しっぱなしなのが残念ですね。
身に染みついた小説の技法だけで動画を作ってはいかんな、と今更ながらに思ってます。

後半駆け足になった理由はいろいろと考えられますが、種明かしを引っ張りすぎて収拾に失敗した過去作の苦い経験の影響も否定できないところです。

次は何をするという予定もなく、どうしたものでしょうねえ。
同じようなことばかりやるのも芸がないと思う性格ですし、誰もやらないようなこと、と奇をてらう気力も既にないわけで。シリアスだとしんどいので、もう少しはっちゃけたいところではあります。
糸冬 | URL | 2010/05/17/Mon 22:56 [編集]
 こんにちは、完走おめでとうございます。

 ・・・なんか、無理に引っ張ってしまったような感じはあったでしょうかw でも、満足でなく納得というのはいい表現ですね。私も大体同じ気持ちです。「最高の作品だった!」と心からは言えませんが、よく完走してくださった、よくやり遂げてくださった、そんな感じです。「期待を裏切られた」みたいな負の感情はありません。変な言い方ですが、この作品と付き合わせてもらって、とてもいい経験だったと思ってます。楽しかったですよw

 最後の方は、確かにプロットがそのまま出てきたみたいなところはありましたねw しかし、ここから肉付けしてくと考えると、なるほどと頷ける部分もあります。
 そしてまた幻戦記の影ですかw 例の展開は100%肯定も否定も出来ず、なんとも難しい話です。是非いつか乗り越えてくださいw

 次回作については、この作品の各キャラの描写が素晴らしかったので、とりあえず全員が出るようなスタンダードな話を、と所望しときます。まあ、糸冬Pは我々が「右にしたら?」というと左に行く人なので、何言っても仕方ない話なんですがw また反発する材料にでもしてくださいw

 では、また新しい作品と出会えることを楽しみにしております。
 コメントありがとうございました!
gase2 | URL | 2010/05/17/Mon 23:34 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。