iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ののワさん雑感
 コロPの「ののHKワールドレポート」は何度か見直してるんですが、春香や春閣下についてはまだとっかかりがあるとして、この「ののワさん」という存在が一体何なのか、ということは難しい問題です。
 「春香さん」と同じく「ののワさん」と呼ばれていることからしても、春香との同一性は確保されているように思います。つまり、ののワさんは春香の一種だということです。これは当たり前のことですが、ののワさんは春香を元に生み出された別のキャラではなく、あくまで春香の変形であり、ののワさんの向こう側には常に春香がいる、あるいは春香を抽象化したものがののワさんである、ということは議論の重要な出発点になりうると思います。これは、たとえばやよクリを「やよい」だと思って見ている人が少ないことと対比されるでしょう。
 そんなことを考えると、ニコマスにおけるののワさんというのは、どこか悲しみというか、ドーム成功EDの春香と同じものが内側に宿っているように見えます。コロP以外ではガンプラPもそういう物が出せる人ですし、カコPの「さよならののワ…?ゴミ捨て場から見る夢は」なども、一見良い話に見えますが、ののワさんを春香の象徴として見ると、捨てられたののワさんを拾いに来るのが春香自身であるということは、示唆的なものがあります。
 ののワさんについては非常に難しいのでまだ分からないことだらけですが、ニコマスにおけるののワさんの表現や受容のされ方というのは、「春香」というアイドルマスターで一番特異な存在を考える手掛かりになるのではないかなと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。