iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一言雑記
 ウチの流派では、よく「能は謡が9割」みたいなことを聞きますが、それはMADを見てても思います。自分の処女作もそうなんですが、要するに、まず歌が、あるいは音楽があって、それに映像が付く気がします。
 バーナード・ショーは「ワーグナーのオペラの一番いい鑑賞法は、舞台に背を向けて音楽だけ聞くことだ」と言ったそうで、「総合芸術」とは言っても、音楽だけで作品として成り立つことが、ほとんど前提条件になってるように思います。
 そんなことを考えると、視覚的な要素ってなんなんだろうな、と思いますねw 視覚というのは情報量が多く、異性を選ぶ時に顔より声を重視する人はほとんどいません。しかし、なぜこれほどまでに、総合芸術において音楽が重要なのか? ちょっと面白いなと思ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

お久方ぶりです。いつもブログみています。しかし面白いコメント書けないので拍手ボタンだけ押しています(泣)

たしかにMAD(PV風MAD)は歌あるいは音楽から映像つくことがほとんどですね。
観ている人は歌あるいは音楽よりもどちらかというと映像の方を愉しむのが目的なのに・・・。作っている人からするとなんとも妙な気分になりそうですね。
動画を投稿していない私がいうのもなんですが(苦笑)

追記
このblogに触発されて庭上げPの世界IDOL大戦(只今11話)を視聴中。世界大戦前後の時代を舞台にした作品は興味あるはずなのになぜ今まで観ていなかったのか不思議でたまらない。
眠れる死人 | URL | 2010/05/29/Sat 02:01 [編集]
 こんにちは!
 こちらはいつも広告でお名前を拝見しておりますw
 あんまり乞食になってしまうとアレなんで言いたくないんですが、拍手は、実はすごく嬉しいんですよw すごくモチベーションに関わって来るので、自分で「どや!」って思った記事に拍手が付かないと結構不安になりますねw まあ、そこで冷静になるのも大事なことだと思ってます。

 音楽って、ほんと不思議ですよ。昔の小説家なんかも、口々に「音楽が羨ましい」と言ってます。抽象性が高い芸術の中で、最も多くの人に受け入れられやすいのが音楽でしょう。具体的な意味的メッセージを打ち出さずに、ダイレクトに感性に訴えて来ますからね。最古の抽象芸術かもしれません。

>庭上げPの世界IDOL大戦(只今11話)を視聴中。
 うっほ!w 超嬉しいですw これは本当に名作ですよ。自分は全架空戦記の中でナンバーワンに挙げます。変な言い方ですが、11話くらいはまだまだで、後半の高まりっぷりが最大の魅力です。「コメと作品との対話」という意味でも意義深いものです。後半は若干ギャグが脂っこくなりますが、最後まで楽しめるとといいですね。作品と波長が合うなら、ラストの展開は保証しますw

 では!
gase2(雅雪P) | URL | 2010/05/29/Sat 18:54 [編集]
>>gase2さん
 何時だったか何処でだったかも忘れましたが、「ニコニコ動画には映像のない音声だけの動画は時折見られるものの、映像だけで音声のない動画はほとんど見られない」という文を読んだことがあります。
 
 ここからは私の個人的考えなんですが、これは受け手の時間の認識に関わってくる論点なのではないかと。例えばミュージカル等で音楽だけ聴く場合と、映像のみを見る場合とを較べてみると、映像だけを見ていても見る側は「間」が取れないと思うんですね。それどころかおそらく混乱してしまう。
 逆に音楽を聴きながら目を閉じていると、好きで何度も視ている映画ともなれば脳内で映像までも思い浮かべることが出来ます。

 また、音楽があれば他者と時間軸を共有しやすいというのも強力な武器なのではないでしょうか。例え他者がいない場合でも音楽そのものと同期すればいいわけです。とすればニコニコ動画の疑似同期コミュはそれを上手く利用していているからこそ人気が出たのかもしれませんね。

 そしてそうやって人はYouTubeの様に感想掲示板がついているだけでは物足りなくなっていってしまうわけですよ! はいはい、ニコ厨乙w
Tom | URL | 2010/05/29/Sat 22:03 [編集]
 Tomさんこんにちは!

 時間ですか。
 映像は一瞬で情報が伝わるのに対して、音楽…というか音は、情報を伝える時は時間が必要です。それは「動き」とも共通するんですが…しかし、何かそんなところと関係があるかもしれませんね。
 音楽というのは、特に「流れ」のようなものがありますし。まあ、あんまりこういう根源的な問題に深入りするのは避けたいんですがw 自分には浅いことしか言えませんからねw
gase2(雅雪P) | URL | 2010/05/30/Sun 00:40 [編集]
過去レス&多重コメント失敬
 上のコメントは特に根拠もなく書いたのですけれども、どうやら世の中にはそういった研究をしている人もおられるようですね。gase2さんの総合芸術における音楽の役割とは少し論点が違うかもしれませんが、少しだけ追記させていただきます。

 五感の内、聴覚と視覚の2つを較べてみると、「時間分解能」---どれだけ短い間隔を識別できるかの能力---はどうやら聴覚のほうが優れているらしいのです。
 一つ例を挙げさせていただきますが、ごく短い時間 光を一度だけ点灯させ、それを人に見てもらう実験を行ったとします。そして光に平行してスイッチ音を2度鳴らして聴かせてやると、点滅は一度だけなのはずなのに被験者は2度点滅しているように見えるらしいのです。
 これは要は聴覚に視覚が引っ張られて錯覚させられた一例ということで、他にも二通りの見え方が出来てしまう映像を被験者に見せる時、適当な音を聞かせると見え方が決まってきたりするらしいです。
 つまり人間は場合によっては視覚よりも聴覚を優先させているというわけですね。
 (ココマデNHKのサイエンスZEROの受け売り)

そこでこれ!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm173778
これも一見「GoMyWay!!」のダンスに見えますが、我々がそう認識しているだけで実際は「蒼い鳥」なのかもしれません。
Tom | URL | 2010/06/04/Fri 20:36 [編集]
■Tomさんへ

 おお、そういうことがあるんですか。面白いですねw
 私も本文で「声で選ぶ人はいない」と書いてますが、「話してて面白いかどうか」で選ぶ人は沢山いるわけです。それは通常「性格」という内面の発露だと思われているわけですが、一方で、「文章を読んでて面白いかどうか」で決める人はあまりおらず、こちらは内面の発露だとは思われていないようです。
 なんというか、音の持つ物語的な機能というのは、とても強いのかもしれませんね。なんか、話題とは随分ずれてしまって、自分はこういう思考が苦手なんだな、ということを強く感じてしまいますがw

>我々がそう認識しているだけで実際は「蒼い鳥」なのかもしれません。
 失礼を承知で言います。

 ねーよwww
gase2(雅雪P) | URL | 2010/06/04/Fri 20:49 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。