iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「iM@S KAKU-tail Party DSX」 2nd night - E
 彩都P asaP ぐうりんだいP さくやP
 

 彩都Pのパートは面白いですね。ノベマス形式から入ってPVに行って、またノベマスに戻ってきます。特にPVに移行する部分の演出が神です。これはコメで皆さん注目してますね。
 最近、PVとノベルが互いに互いを取り入れる傾向が顕著なのは、注目すべきことでしょう。

 しかし、2:13からの二人の表情選択が、架空戦記民の自分には最も印象的でした。特に2:15の二人ですね。
 真顔1

 このような「真顔で笑いを取る」というのはお笑いの基本のようで、TVの漫才などでもよく見ます。
 世界IDOL大戦?も、第1話で同じ顔を使ってますが、やはりギャグシーンでした。
 真顔2
 このシーンでは春香は何度もこの表情を繰り返すのですが、ギャグシーンの間中、春香が真面目な顔をしているのが自分にはとてもおかしく、同シリーズのギャグシーンの中でもとても好きなシーンです。

 春香のこの表情は、ギャグシーンに使われてるようなことが多い気すらしますねw
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。