iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「iM@S KAKU-tail Party DSX」 3rd night - D
 草加P 夏龍P アシスP AWP
 

 AWPパートのイメージは素晴らしいですね。場面の想像力もいいし、色合いも美しい。
 AWP1

 「しっとり系」は意外と難しいというか、飽きさせずに見せるのは難しいと思いますが、この作品はほぼダレだません。「ほぼ」と書いたのは8:07からのシークエンスが初見の時は一瞬もたれたんですが、見直してみると、結構早いタイミングで画面が切り替わっており、なぜそう感じたのかよく思い出せませんね。まあ、こういうことはよくあります。

 しかし、最近和風の作品に心動くことが増えました。なんなんでしょうねw 何回も何回も書いてますが、自分は別に日本文化が特別好きだというわけではない…はずなんですがねw
 それと皆さん「ネタがネタが」と言いますが、今回、特に記事で触れていない人も含めて、ガチがかなりいいと思います。泣けるとか、心が揺さぶられるとかいう意味ではなく、雰囲気の点で優れた作品が多いのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。