iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【im@s架空戦記】アドリアの乙女たち 第6話「一歩」
 アントニオP
 

 前回は若干、千早いじめが過剰すぎて空振っており、見てて辛かったので広告出来ませんでしたが、今回は安心して出来ました。
 自分もかつて、この作品について「文字送りが早い」と書いた気がしますが、こうしてスタンダードな送りになってみると…昔の方が良かった気がしてしまいますw 結局、「欠点」に見える所が、実は個性だったりするわけです。なかなか分からないものです。
 しかし、テンポの良さというか、思い切りの良さはやはり残っており、6:27からの美希の落ち込みは、普通の作品なら長めに取ると思いますが、あっさりとやよいが励ましに来ます。そして二人がいい感じになり、何かイベントでもあるのかな、と思わせておいて、8:18で1秒くらい暗転しておわりw すぐ次の日になります。
 普通の作品なら必ず演出が入るところが入らないと、それでイラッと来る場合もありますが、この作品では、自分はあまりそう感じませんね。逆にその「外した」感じが面白いと思います。作者は適当に作ってるだけなのかもしれませんが、それが逆にいいのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。