iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマス野球道Girl’s・五年目(40)
 糸冬P
 

 ちょっと前の動画ですが、おそらくサムネにもなっている「春香さんは、春香さんは……!」の台詞がずっと頭に残ってますw これは個人的には、2010年上半期ノベマスの名台詞ナンバーワンです。
 …っと思ってこの回だけ見直してみたら、思っていたほどの感動が蘇らなくてションボリしましたw やはりこの動画の前回が頭に残ってるからこその感動だったんでしょうね。
 美しい記憶は、記憶のままにしておけばよかったと思ってしまいましたw
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

あの台詞が、確かな技術に裏打ちされた珠玉の一手なのか、単なるその場のノリと思いつきなのかは、作ってる本人すらよく判りません。

前後の状況を考えると、なんとなく解説しがいのありそうな気はしてきますけど(笑
糸冬 | URL | 2010/07/18/Sun 22:02 [編集]
 そうなんですよw 「春香さんは○○」の○○に、たとえば「打てる子!」が素直に入れられないということは、あの状況では深い意味が与えられそうですが、変な言い方をすると、まあこの動画では別にそんなこと考える必要ないかな、とw
 何というか、この動画のいい所として、アレがあってコレがあったからこの台詞がある、みたいな通常のシナリオに要求される厳格な因果関係の流れがない(それを読者も考えなくていい)、というのがあると思います。ので、そういうライトな作品だからフッと出てきた台詞だと思うし、だからこそいいんですが、一方で、今までの台詞を拾い集めると、何か流れが形成されていそうな「気」がするという・・・w 得なのか損なのか分からないことになってるように思いますw
 でも、その「答えの分かりにくさ」が、自分がこの台詞が好きな理由にもなっています。
gase2(雅雪P) | URL | 2010/07/18/Sun 23:35 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。