iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記
 雑記です。

 ***

 なぜ、現代ではコンビニや大型のショッピングセンターが流行って、商店街の店が潰れるのか。
 これについては、コンビニや大型ショッピングセンターでは、何一つ物を買わずに店を出ても罪悪感を覚える必要がないことが、理由の一つだと言われています。
 だからこそ、特に買いたいものがなくても、我々はフラッとコンビニに立ち寄り、そのうちの何回かは、結局物を買ってしまうわけです。

 けれども、小さな個人経営の店というのは、一度入ってしまうと「何か買ってけよ」という無言の圧力を感じてしまうことがあります。
 実際、その圧力に負けて何かを買ってしまうこともあるんですが、そうすると、そんな店には当分行きたくなくなります。
 そのため、そういう店には誰も行かなくなり、結局は廃れてしまうわけです。

 ***

 「一度架空戦記を始めた以上は、最後までやれ」とかいう主張の類は、まさに後者のようなものです。
 「あんた、店に入った以上は、なんか買ってけよ?」というわけです。
 すると、現代の顧客が取る行動は二つでしょう。
 
 A.とりあえず買うが、二度と行かない。
 B.腹が立つので、そんな店はさっさと出る。

 コンビニ型のコミュニティというのは、人が去って行く時、熱心に止めたりする人がおらず、ちょっと寂しい気もしますが、「いつでも入れて、いつでも出れて、またいつでも戻ってこれる」という場所が、少なくとも人をつなぎとめておけるという点からは、優れているように思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。