iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第5回MMD杯本選】3Dで東方妖々夢を再現してみた
 貼り絵職人氏
 

 最初は「分かりにくいなー」と思って見てたんですが、3:49あたりからの反魂蝶がすごい・・・またMMDの微妙なローポリっぷりが、「動画」というより「ゲーム」の感じを出してていいと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんばんは、お久しぶりです。
東方projectのMMDを使った動画を見るのはこれがはじめてです。
音楽のアレンジ(ただし、インストゥルメンタルに限る)か洗濯船氏の「古明地こいしのドキドキ大冒険」を視聴するぐらいでして、視聴範囲が非常に狭い・・・。

次元が増えて回避する範囲も広くなったと思いきやエネミーマーカーと自機のスローマーカーがないため難易度が高いですね。
けれどもレーザーの致死率が高い私にとって3Dは案外プレイしやすいかもしれない。

アイマス、非アイマスでMMDが広まっている中、私はMMDにまだあまり興味や関心が薄いので紹介されるのは大変有難いことです。
これからもよろしくお願いいたします。
眠れる死人 | URL | 2010/08/29/Sun 01:03 [編集]
 こんにちは!
 MMDは意外と熱気が持続してる分野ですね。一応、ボカロに分類される分野ではありますが、実体は3Dのモデルを動かす「ソフト」なので、発祥がボカロというだけで、キャラはなんでもOKです。基本的にはミク中心ですが、モデルさえ出来れば、東方でもニコマスでも使われますね。
 MMDは第3回MMD杯くらいから、ニコマス界からも、色んな分野を横断的につなげてくれるものとして期待されてました。MMDはキャラや作品に依存しない、特定のツールですから、アイマスや東方などの作品別コミュニティが「縦糸」だとすると、「横糸」としての期待が大きいわけです。ニコマスを見てもらうためにも、あるいは逆に、アイマスのキャラを使ってもらうためにも、このツールは大きな役割を果たしてます。

 しかし、東方のMMDをご覧になったの、初めてですか。やっぱりニコ動は広いといっても、専門化されたマニアックな作品が大量に集まってるだけですから、こういう有名で再生数の多い分野でも、全く見ない人がかなりいそうですね。
 アイマスは公式が洗練されすぎてるので、アイマスのMMD作品には不満を感じやすいかもしれませんが、他の分野では伸び盛りだといえます。アイマスを活かしてくれるような「横糸」がもっと増えてくれるといいな、なんて私は思ってますw
gase2(雅雪P) | URL | 2010/08/29/Sun 02:04 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。