iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MMD】千早と美希がステージでrelations【M@STER VERSION】
 さぼてんP
 

 さぼてんPがここまで伸びるとは思ってなかったですね。素晴らしいモデルとモーションです。
 惜しむらくは評論家みたいなコメが多すぎて、コメ付きで見れないのが残念です。この動画がどれだけいいものか、付け焼き刃の技術的な視点に目を奪われて楽しめないわけですから、哀れな人たちだと思います。

 昔動画を上げた時、能を「習ってる人」からは結構技術的なツッコミを受けて、それはそれで有り難く、次の動画用の練習でも参考にしてるんですが、何人かのプロの能楽師や関係者の方からは、むしろ「あんまり技術に囚われないように」と言われつつ、全体を褒めていただけました。当然、あの動画は技術的には惨憺たるものなんですが、本当に上手い人たちはそれを分かった上で、「技術的にダメだから、ダメ」という見方をしないんだな、と思い、かなり貴重な経験になりました。
 あれ以来、動画を見る時も、「技術的にイマイチだから、動画自体がイマイチ」という見方は、私はしません。動画は技術の展示会ではありません。たとえば、私がこの動画で最も気になるのは、モデルなのかモーションなのか、とにかく肩が張った感じに「見える」ことですが(見えるだけかもしれません)、それはそれとして、モデルやモーションだけで、十分に楽しめます。
 動画が技術の集合にしか見えないというのは、それでメシを食ってるとか、MMDが超上手い人ならそれでもいいでしょうが、動画を見るのが主な人たちが、そんな瑣末な小手先の知識に囚われて、自分で作りもせんのに動画を見て不満を募らせるだけというのは、本当に馬鹿な話だと思います。
 いや、そういう視点で動画を見ること自体は全く悪くないんですが、それに囚われてしまい、他の点に盲目になるのは、私は支持しないということです。技術でだけ見る人は、「技術から切り離して精神だけ見るなんて不可能」と言いますが、私はそれに深く頷きつつ、「精神から切り離して技術だけ見ることも不可能」と答えます。

 ただ、さっきもちょっと書きましたが、動画を上げてる本人にとっては、技術コメは結構嬉しかったり、ためになったりはするんですよw しかし、一人の視聴者として見る時、こういうコメにはカチンと来るし、何よりこの動画では、何人かが技術コメを書いてるんで、弱い者を叩くように、それに便乗して「俺も俺も」とコメを書いてるように見えたので、そこにイラッと来たわけです。

 一つだけ言えることは、「俺の言ってることは正しいから、作者はそれを受け止めろ」というような態度でなく、作者も人間なんですから、コメだろうが動画の感想だろうが、人間に向かって書くべきだというのが、私の持論です。現代人の「言論」は、この点を大きく見失っているように思えてなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/10/03/Sun 21:09 [編集]
 こんにちは。

 まあ、この記事はちょっと、怒りに任せて書きすぎですねw ちょっと暴走気味だと、今では自分でも思います。
 もちろん、技術不足のせいで、その向こうにある純粋な気持ちが見えなくてイライラさせられることもあるんですが、アマチュアの作品というのは、そのイライラも含めて楽しむもんじゃないかなとw そんな風に思うことが多いですね。
 恋愛でもなんでも、自分の気持が綺麗に伝えられる人なんていません。人と人とが感情を通わせるというのは、そういうものじゃないでしょうか。
gase2(雅雪P) | URL | 2010/10/03/Sun 21:31 [編集]
御礼に代えて
 はじめまして、こんにちは。上記の動画でご紹介していただきました、さぼてんPと申します。雅雪P様にはウォッチリストにまで登録していただき、そのお礼を兼ねてコメントを書かせていただきます。
「さぼてんPがここまで伸びるとは思ってなかったですね。」という感想をいただきまして、恐縮の至りです。ですが、自分が動画を投稿するようになって4ヶ月と少し経ちましたが、正直なところ自分の技術がそれほど上昇しているとは思っていません。目指すところは遥か遠くといいますか、小手先でなく、動画を見る人に何かを与えることのできる、そういう動画作りを目指したいと思うのです。
 多くの人の目に触れ、直接的に感想を得ることが出来るのが、ニコニコ動画の利点だと思っています。ですので、批判的な内容も真摯に受け止め、対応していくことも自分の精進の一環だと思っています。しかし、モーション自体は私が作ったものではなく、そのことについてこの動画内で批判されるのは、心苦しい限りです。私の動画はそういったモデル、モーション、ツールを製作されてきた方達ががあってこそのものだと、常々痛感しているからです。「コメだろうが動画の感想だろうが、人間に向かって書くべきだ」この一言は的を得た、素晴らしい言葉だと思います。自らのコメントも大多数の人に目に触れ、それで何かを感じる人がいるということを、忘れてはいけないことなのかもしれません。
 つらつらと長文で申し訳ありませんでした。つい長くなってしまったのも、自分は雅雪P様の動画を見て、非常に感動したという経緯があるからなのです。その雅雪P様の記事を見て、何か反応しなければと思い立ってしまい、つい長文、乱文の運びとなってしまいました。拙い技術ながら、これからも動画をあげていくつもりでおりますので、どうぞよろしくお願いします。
さぼてんP | URL | 2010/10/07/Thu 16:46 [編集]
 こんにちは! はじめまして。

>モーション自体は私が作ったものではなく、
 ああ、そうなんですか。投コメを見た限りでは、結構手を加えてるのかなと思ってました。私の記事でもそこら辺は上手く分かってないので、失礼な表現になってしまったかもしれません。自分が言われるのはまだいいんですが、他人が言われるのはちょっとカチンと来ますからね。申し訳ない限りです。

 しかし、以前より動画自体が楽しくなったと思います・・・なんて言ったらいいのか分かりませんけどw でも、とてもいいことだと思うので、是非これからも頑張って下さい。応援しております。
 では!
gase2(雅雪P) | URL | 2010/10/07/Thu 19:35 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。