iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アイドルマスター×三国志】三国破妖伝 群雄烈華(第四話)
 ぶっくりP
 

 twitterでカズマさんに勧められて、4話からが入りやすいということで見たんですが、これは面白い動画です。何から言ったらいいのか分からないくらい、色んなところが特徴的ですけどw
 まずはやはり、顔グラのデカさでしょうか。とにかくデカい。画面を占領してますw そして、文字も大きめで、一文がかなり短い。この点は、サザエPあいうえおPの作風に近いですね。しかしこの2点から、画面内の情報量が少なめになるので、なんというか、画面をパッと見ただけで、すんなり頭の中に情報が入ってきます。
 また、有名な「動く立ち絵」は、ひのきの薪Pのような超技術なのかと思っていたら、紙クリの技能を十全に活かした、シンプルで、どちらかというと「カワイイ動き」という感じですねw その真価は7:48からの関羽と雪歩のシーンでしょう。これは本当にすごい。とりあえず動かして「すげー」という声が上がるのではなく、絵が動かないと表現できないシーンですからね。
 あとは、雪歩の妙なキャラ付けとか(雪歩はよくこっち方向に伸ばされますねw)、この他にも色々と特徴のある作品です。私はこの話から見始めたので、何が「写メ」やらよく分からないんですが、とりあえず暇を見つけて、1話から見ていくつもりです。他にも思った部分はいくつかあるんですが、それは他の話の時に残しておきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。