iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【旅m@s短編】千早と春香のえのしまなう。第4話「はらぺこなう。」
 フツーP
 

 超技術と超画質、そしてほとんど最高峰の、濃厚でありながら上品な「はるちは」・・・。最高ですね。現状、ノベマスの星と言っていいでしょう。
 また、大画面と高画質を利用して文字を思いっきり小さくする、ほとんどPVのような構成など、ひのきの薪P無免許Pにつながる、新世代のノベマスという感じでとても新鮮です。PV方面を志向するノベマスとしては、ほとんど最高ランクでしょう。旅m@sというのが、ここまで可能性のあるジャンルだとは思っていませんでした。
 しかし、キャラを絞るというのは、王道を行くノベマスや架空戦記ではむしろ常識外れのことで、旅m@sに共通する「キャラを全員出さない(出せない)」というのが、この作品ではプラスになってるように思います。春香と千早、二人だけの世界を作れてるように思うんですね。
 私はアイマスキャラを全て出し、できるだけ全員を満遍なく活躍させるアイマス架空戦記という分野が好きでこの世界に入って来たし、実際にそういう作品こそが架空戦記の王道だと思っています。しかしこの作品のように、二人を中心に描いても上手くやれる作品があるのを見ると、「全員を活躍させる」というのも、いわば「一つの道」にすぎないんだなあと感じますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。