iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法律の向こう側で
 私は2chやしたらばはほぼ見ないので、何が起こっているのやらよく分かりませんでしたが、どうやら一部のMADについて、やりすぎだとかそうでないとかいう議論があるようです。
 自分もまだまだ勉強不足なので、あまり断定的なことは言えないのですが、「もともとグレーどころかブラックなんだから、何をやってもよい」という意見には賛成できません。
 それは、議論のあるMADの問題性を抜きにしてのことです。

 私がMADの著作権に関する議論で根本的に間違っていると思うのは、MADが「白か黒か」で客観的に判断されるという認識です。そういう考え方があるから、グレーとかブラックとかいう言葉が出てくるのだと思います。
 しかし、現実は大幅に違います。

 MADの法的リスクをニコニコ的な観点から整理すると、次のようになります。

 1.適法
 2.違法(=著作権侵害)だが削除されない
 3.削除要請(≒差止請求)
 4.損害賠償請求
 5.刑事告訴 

 さて、あるMADが「黒」だとすると、当然、権利者は5.の措置まで取ることが出来ます。
 そして白か黒かでいうと、99%のアイマス動画は黒です。
 ですので、バンナムはほぼ全てのアイマスの動画に対して、5.までの措置を取ることが可能です。

 ここで、「どうせ黒なんだから、バンナムに媚びたって仕方がない。好きにやろうぜ」という人がいます。
 個人的には、反対です。
 そのような意見を言う人は、バンナムに気を使うことと、動画の白黒が、全く別のものであるかのように考えているようです。
 しかし、その二つは密接に結びついています。

 私的自治の原則という言葉があります。
 これは、「私法上の法律関係については、個人が自由に形成することが出来る」というものです。
 著作権法は私法であり、この私的自治の原則が適用されます。
 要するに、先ほどの5段階でいうと、2.の状態にあるものを、3.や4.にするかどうかは、権利者が自由に決めることができるのです。
 逆にいえば、動画がどんなに「真っ黒」でも、権利者が「別にいいよ」と言えば「白」です。その白というのは、1.の適法であるという状態をいいます。法的に何の問題もなくなるのです。それが私的自治の原則です。 
 だからバンナムに多少なりとも気を使うことは、決して無意味ではありません。
 それどころか、これ以上は申し訳ないからやめとこう・・・というような配慮の気持ちが向こうに伝わるかどうかが、動画の存否を大きく左右すると思います。

 思うに、動画の白黒を話題にする人というのは、著作権法というのを「動画の白黒を決めるための法律」だと思っており、ある動画を著作権法に従って分析すれば、白か黒かの答えが出て、白なら無罪、黒なら犯罪・・・のように考えてしまっているのではないでしょうか。
 しかし現実の法律というのは、侵害の範囲は具体的に定めていますが、その侵害に対してどうするかは、完全に権利者の自由としています。要するに、ある動画が白か黒かは、法律ではなく、権利者の一存で決まるのです。
 ですから、自分としては、好きなゲームやアニメで動画を作る際は、たとえ寛容な権利者の作品であっても、節度を持ってやってもらいたいなと思っています。

 ただし、最後に強調しておきますが、そのような法的な議論と、今回問題になった動画が「やりすぎかどうか」については、全くの別問題です。 
 私はそれらの動画に対して、「やりすぎだ」「バンナムを挑発するな」などとは少しも思っていません。いくつか問題とされている動画も見ましたが、これでキレる権利者なら、コミケやオンリーイベントを潰しにかかってるのではないでしょうか。

 ***

 最後に蛇足になるかもしれませんが、次のことだけは主張させてください。
 著作権法という法律の向こうにいるのは、同じ人間であるということです。
 
 黒だから何をやってもよいという意見は、権利者の「心」というものを無視していると私は考えます。何度でも言いますが、黒白を決めているのは機械的な法律の解釈ではなく、バンナムの社員の心なのです。
 私にはその能力がありませんが、動画を作って上げるというのは、バンナムの人たちに向かって、心のボールを投げているような側面があると思います。それは動画を作る人だけが出来る、高級なコミュニケーションの一種だとも思います。
 なので、たまにでいいから、素材の製作元であるバンナムに対する気遣いみたいなものを動画に織り込むだけで、ニコマスの生存率をグッと高めることができるのではないかと思うのです。

 それに「黒だから何やってもいい」って言いますけど、本当は今の現状のこと、腹の底では「白」だと思ってるんじゃないですか?
 何やっても削除されないから、何やってもいいって思ってるんじゃないですか?

 何やっても削除されないのは、何やっても許してくれている人がいるからです

 感覚が麻痺しやすいのは仕方ありませんが、最後の良心の一片だけは、失わないでいてください。
 私からのお願いです。

 以上です。
 一視聴者のくだらない自己主張につき合わせてしまって、申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。