iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アイドルマスター】ぬいぐるみ型ドジっ兔コンピューターUSG【MMD】
 ベホイミP
 

 見逃してましたが、これはいいですね。颯爽としてる一方で、丁寧に作りこんであります。
 一番すごいと思うのは、ダンスの使い方ですね。「B・U・G(U・S・G)」に合わせて三人が踊るところ(0:10など)の颯爽とした感じ、映像と音楽のリズム。毎回、よくぞと思うほどいいモーションを引っ張ってきます。音楽の「どこがいいか」を理解した上で、それを活かす方法も知ってるという感じでしょうか。
 たとえば0:10からの「B・U・G」では、伊織と千早が躍動感のある動きをして、雪歩がゆっくりめの動きで〆ますが(躍動・躍動・ゆっくり)、これが0:23からの「B・U・G」では、やよいと律子がゆっくりめの動きをするのを、春香が躍動感のある動きで〆ます(ゆっくり・ゆっくり・躍動)。これが何か、映像で音楽のリズムを加速させるような効果があって、疾走感に一役買っているのかもしれません。特に0:23では、やよいと律子が、画面左の空間から何かが登場するのを紹介するような動きをしているようにも見えて、そこに春香が出てくるので、何とも気持ちのいい流れが生まれています。これは1:26からでも同じで、伊織が大きい動きをした後に、雪歩が一回グッと、流れを止めるような仕草をするのがいいですね。これが次の千早の動きで「解放」されて、流れが再開するような感じになります。ずーと流れっぱなしだと、この躍動感は出ないのかもしれない。
 ホメ春香や、当然うさちゃんのモーションも素晴らしいんですが、かえってその分、私はダンスの使い方に目が行ってしまいましたw

 というか、元ネタを見てて思ったんですが、曲がなかなかの名曲ですね。曲の良さを引き出してるのはさすがに元ネタのPVかなとも思いましたが(販促なんだから当たり前)、曲から楽しい「動画」を作ったという点では、ベホイミPが勝ってるかなとも思いましたね。ここら辺が二次創作の妙だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。