iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【HD】アイドルマスター2 PV7th
 バンナムP
 

 東方は文化
 ボカロは芸術
 アイマスは政治

 どうしてこうなった・・・orz

 ***

 まあ、これはカトリックとプロテスタントみたいなものだと思います。

・カトリック→教会が聖書の解釈を統一。よって教義は常に一つ。
・プロテスタント→信徒個々人が聖書を解釈。よって教義はバラバラ。

 これをこの動画のコメントに当てはめると、次のような感じです。

・肯定右派(否定派は出て行け派)→公式が作ったものが、アイマスである。よってアイマス2を認められない奴は、アイマスを認められないのだから、異端である。
・否定右派(肯定派は死んじまえ派)→公式とは「アイマスとは何か」に対する、一つの解釈でしかない。よって「公式が作ったものが、アイマスでない」ことはありうる。むしろ、それを認めない奴こそが異端である。

 これは普遍論争にも似て、なかなか興味深いテーマです。「公式なくしてアイマスなし」が肯定派で、「アイマスなくして公式なし」が否定派・・・と、まあ、大ざっぱに分ければそういうことだと思います。
 物理的には、公式がアイマスを作ったわけですから、これは明らかに肯定派に分があるように思えます。「公式がアイマスに先行する」というのは、常識的に考えれば、圧倒的に正しい。
 けれども、アイマスのスタッフといえども、「これをアイマスと呼んでいいだろうか?」という問いとは、決して無縁でいることは出来ません。場合によっては、アイマスを作っているのは自分たちのはずなのに、「これをやるとアイマスとは呼べなくなるから、採用できない」ということもありえます。この時、彼らはアイマスを無から創り出している万能の造物主であるというよりは、むしろアイマスという上位概念を解釈して、現世に実体化させている存在であると考えることも出来ます。この意味では、「アイマスは公式に先行する」のであり、否定派が正しいでしょう。
 これは結局、「卵が先か、鶏が先か」という命題と似ており、肯定派と否定派が分かり合えない理由の一つとなっています。

 また、近代の個人主義的な観点からは、なんだか強硬な否定派の方が「押し付けを拒否する」みたいで正しそうですが、実際にはニコマスなんかを見ても分かるとおり、「これが俺のアイマスだから、何をやってもいいんだ」ということは出来ず、結局は、公式をある程度尊重せざるをえません。そして否定右派の個人主義的な考え方を突き詰めれば、公式もまた、数ある「アイマスの二次創作」の一つにすぎないということになるわけですが・・・これは明らかに極端ですからねw 全ては「程度の問題」としか思えません。

 自分は今までカトリックとプロテスタントの対立というのは理屈でしか分かりませんでしたが、こんな風に考えると、かつてヨーロッパが2つに割れて殺し合ったというのは、さもありなんという感じです。さながら9・18が贖宥状問題といったところでしょうか。
 宗教改革後のヨーロッパは、凄惨な殺し合いをした後、結局は主権国家体制に移行して、他国の領域内では他国の法に口を挟めないという「内政不干渉」の原則が確立するわけですが・・・ただでさえ小さいニコマス内で、複数の「主権国家」が分立するなんて、勘弁願いたいところです。結局、それしか解決策はないのかもしれませんが、せめて「政教分離」が実現できないものでしょうか。

 まあ、私は心情的には否定派であり、極端な肯定派の人たちを見ていると購買意欲が覚めてしまうので、こういった争いとは距離を置くことにしています。熱心な肯定派の人からは、「そんな奴はアイマス2を買うな!」とか言われてしまいそうですがw
 いずれにしろ自分は心頭滅却して、他人がどう言ってるかではなく、「私とアイマス2」の関係だけを見つめて行きたいと思ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。