iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケントゥリオP、再襲!
 ケントゥリオPの新作が来てましたね。しかもついにアイドルの登場シーンなしw 以前、糸冬Pが架空戦記の最右翼だと書きましたが、最右翼はケントゥリオPかもしれませんね。この二人は文才という意味でも近いものがあり、比較は今後の課題としましょう。
 「アイマスじゃないのでは?」というコメについては、まあ、私は面白いかどうかが全てなので、どうでもいいですね。こういうアイマス度が低いシリーズだと、動画が短くなれば、アイドルが出るシーンがない場合も出てくるのも仕方ないんじゃないでしょうか。
 こういう動画に対して、よくいう「アイマスへの愛があるかないか」論争は不毛だし、「これはiM@S架空戦記と呼べるのか」という定義論争はもっと不毛でしょう。SF小説なんかは、典型と言われてますよね。「これはSFだ」「SFでない」の内ゲバを繰り返して衰退してしまいました。
 それに、ケントゥリオPの場合、アイドルが処刑されるかもしれないという、架空戦記屈指の「危ない橋」を自ら用意して、それを演出に使ったことすらあるので、この危うさが魅力ともいえます。自分は続きを楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。