iM@S架空戦記を中心としたニコマスの感想サイトです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挫折と収穫
 児ポ法と治安維持法について書こうと思ってたんですが、資料、自分の理解、刑法・刑事訴訟法の知識、何もかもが足りません。かなり長文の記事を書いたんですが、消しました。お見せできるレベルにありません。

 なんでそんなものを書こうと思ったのかというと、はてなのあるブログ(ニコマスとは全然関係ありません)で、著作権や児ポ法に関して、一定の思想範囲に属する人々を罵倒するような記事があり、自分は心が弱いので、頭にきて何か書こうとせざるをえませんでした。
 実際、相手の主張の弱さや、相手が権威主義者に過ぎないことなども分かるのですが、それが文章の完成度につながってこず、悔しい思いをしてしまいました。もっと勉強して、力を付けたいですね。

 あとはそういう記事を読んでいると、自分の主張系の記事が、反対側の思想的立場にある人からはそのひどいブログと同じように見えているのかもしれず、結局自分も同類なのかもしれないという迷いがあるわけですね。それが一番の悔しさなんだと思います。

 ただ、収穫もあって、昔の朝日新聞の記事なんかも見つけました。ちょっと見にくいですが、時間がある方は(一)だけでも読んでみてください。びっくりするぐらいレベル高いですw 大正デモクラシーのただ中に書かれた記事であることもあって、1922年という日付が信じられないほどの、民主的で客観的な内容です。昔の新聞はすごいですね。今の「嘆き節」に頼る死にかけのメディアとは大違いです。
Copyright © 白雅雪blog. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。